Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUN 17
その他

虚弱高齢者のメンタルヘルスに、ラジオ体操は良い影響がありますか?


虚弱(フレイル)または前虚弱(プレフレイル)高齢者が栄養指導に加えてラジオ体操を実施しても、栄養指導のみの実施と比べて、健康関連の生活の質のメンタルドメインスコアの変化は、ほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUN 10
その他

慢性腎臓病、糖尿病および高血圧がある患者に、エビデンスに基づくガイドラインによる治療を促進する介入は効果がありますか?


慢性腎臓病、2型糖尿病および高血圧の全てを有する患者に、電子カルテを基盤としたアルゴリズムによる患者の同定と、保健師または薬剤師のファシリテーターの活用によりエビデンスに基づくガイドラインによる治療を促進する介入を行っても、通常のケアと比べ1年以内の全入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024MAY 20
その他

カリウムを下げる薬は、どの薬の味が飲みやすいですか?


慢性腎臓病と高カリウム血症を有する患者がジルコニウムシクロケイ酸ナトリウムを口に含んで味わうと、ポリスチレンスルホン酸ナトリウム/カルシウムと比べて、口当たりの良さの複合スコアが高く、パチロマーとほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024MAY 13
その他

医師のバーンアウトに、スダルシャンクリヤヨガは効果がありますか?


医師がスダルシャンクリヤヨガを行うと、ストレスマネージメント訓練と比べストレス、抑うつの改善が大きいが、不眠の改善はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024APR 25
その他

虫垂炎では、手術をせずに、抗生物質による治療でもよいですか?


合併症のない急性虫垂炎の成人患者に、抗菌薬による非手術的治療を行うと、虫垂切除術と比べて、合併症のない初回治療の成功、1年後の治療の成功が少ないが、治療後の合併症は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024APR 18
その他

食道に食べ物が詰まったらコーラを飲むとよいですか?


食塊による食道閉塞で救急受診をした患者にコーラを飲ませても、自然経過と比べて閉塞の改善はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024APR 08
その他

多発性硬化症の胃腸症状に、生姜サプリメントは効果がありますか?


再発寛解型多発性硬化症の患者に生姜サプリメントを投与すると、プラセボの投与と比べて、便秘、嘔気の頻度・重症度の改善が大きく、腹部膨満の頻度・重症度、腹痛の重症度の改善が大きい傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024MAR 28
その他

妊娠女性の不安や疼痛の軽減に、足つぼマッサージは効果がありますか?


妊娠女性に対して足つぼマッサージを行うと、プラセボ、通常のケアまたは介入なしと比べ疼痛、不安が小さく、分娩への満足度が高く、分娩に要する時間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024MAR 11
その他

不眠に対する精神療法や薬物療法は、日中の症状にも効果がありますか?


不眠の患者に行動療法を実施すると、ゾルピデムの投与と比べて、気分障害の改善が大きいが、他の日中の機能の改善はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024MAR 07
その他

手術後のせん妄の予防に、ステロイドは効果がありますか?


大手術を受ける患者に、糖質コルチコイドの静脈内投与を実施すると、プラセボの投与と比べて、術後せん妄が少ない

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024FEB 26
その他

慢性腎臓病の患者にSGLT-2阻害薬を投与すると、心臓病、脳卒中、心不全、腎臓病の悪化を予防できますか?


慢性腎臓病の患者にSGLT-2阻害薬を投与すると、プラセボまたは標準治療と比べて、心血管イベント、腎イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 12
その他

再発を繰り返している精神病でも、抗精神病薬の減量を考慮することはできるでしょうか?


再発性の統合失調症または非感情性精神病性障害の患者において、抗精神病薬を徐々に減量すると、抗精神病薬の維持と比べ24ヵ月後の社会機能は同等であるが、入院が必要な重篤な増悪が多い

さらに詳しく