Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022NOV 21
その他

ポリファーマシーの高齢者に薬剤レビューを行うと、健康関連の生活の質(QOL)は向上しますか?


9種類以上の薬剤を使用している高齢の外来患者に、通常のケアに加えて患者への情報提供、プライマリ・ケア医との連携、薬剤レビューを行うと、通常のケアのみと比べ4ヵ月後の健康関連の生活の質(QOL)の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022NOV 17
その他

中心静脈や末梢動脈カテーテルの輸液セットは、7日毎の交換でもよいですか?


中心静脈アクセスデバイスまたは末梢動脈カテーテルを使用する患者の輸液セットを7日毎に交換しても、4日毎の交換と比べカテーテル関連血流感染症はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022OCT 27
その他

小児の湿疹には、どんなタイプの皮膚保護(エモリエント)剤がよいですか?


湿疹のある生後6ヶ月から12歳までの小児に、皮膚保護剤としてローション剤、クリーム剤、ゲル剤、軟膏剤をそれぞれ塗布しても、基剤間で湿疹の重症度は同程度である

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022OCT 06
その他

めまいに抗ヒスタミン薬は効果がありますか?


急性回転性めまいの患者に抗ヒスタミン薬を投与すると、ベンゾジアゼピン系薬と比べ、2時間後のめまいスコアの改善が大きいが、非ベンゾジアゼピン系薬とほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022SEP 29
その他

熱は下げたほうがよいですか?


発熱のある成人患者に解熱薬やクーリングによる解熱療法を実施しても、解熱療法なしと比べ総死亡、重篤な有害事象は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2022SEP 19
その他

アンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬で肺炎は予防できますか?


脳血管疾患による嚥下障害のため経管栄養を実施されている高齢者にリシノプリルを投与しても、プラセボと比べ肺炎の発症はほぼ同等であり、死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022AUG 08
その他

虚弱高齢者に運動と栄養指導による多要素介入は効果がありますか?


70歳以上のサルコペニアを伴う虚弱高齢者に、中等度の運動と栄養指導による多要素介入を行うと、健康的な加齢についての教育セッションと比べ、移動能力の低下が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUL 28
その他

妊婦の禁煙に金銭的なインセンティブは効果がありますか?


喫煙している妊婦に、禁煙指導に加えて禁煙継続に金銭的インセンティブを付与すると、金銭的インセンティブなしと比べ持続的な禁煙が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUL 14
その他

終末期の患者の死前喘鳴は、プチルスコポラミンで減らせますか?


余命3日以上の終末期患者に、プチルスコポラミンを皮下投与すると、プラセボと比べて、死前喘鳴が少ない

さらに詳しく
クラスターランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 20
その他

乳製品の摂取を増やすと、高齢者の骨折は予防できますか?


施設に入所している高齢者に、乳製品によるカルシウムおよび蛋白補充を行うと、通常の食事と比べて、全ての骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 16
その他

頭部外傷にトラネキサム酸は効果がありますか?


受傷後3時間以内の頭部外傷の患者にトラネキサム酸を投与しても、プラセボと比べ頭部外傷による死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 13
その他

薬物乱用がある入院患者に患者ナビゲーションサービスを提供すると、再入院は予防できますか?


物質使用障害を併発した入院患者に、患者ナビゲーションサービスを提供すると、通常の治療と比べ12ヵ月以内の再入院が少ない

さらに詳しく