Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2018NOV 08
がん

がん患者の静脈血栓塞栓症に、新しい血液を固まりにくくする薬を使うとどうなりますか?


静脈血栓塞栓症のあるがん患者にエドキサバンを投与すると、ダルテパリンの投与と比べ静脈血栓塞栓症の再発、重大出血は同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2018OCT 29
その他

高齢者の転倒予防には、どんな方法がよいですか?


高齢者に多因子介入を行うと転倒が少ないが、傷害を伴う転倒人数は同等であり、運動を行うと転倒人数と傷害を伴う転倒が少なく、ビタミンDの投与では転倒、転倒人数は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 22
その他

静脈うっ滞による足の潰瘍では、静脈瘤の血管内焼灼術を使うと潰瘍は早く治りますか?


静脈うっ滞性下腿潰瘍の患者に表在性静脈逆流の血管内焼灼術を行うと、潰瘍の治癒までの期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018SEP 20
その他

早産したことがある人は、プロゲステロン膣ペッサリーで新生児の呼吸機能不全を予防できますか?


早産の既往がある妊婦がプロゲステロン膣ペッサリーを使用しても、プラセボペッサリーと比べ新生児呼吸窮迫症候群の発症、新生児呼吸器疾患の重症度は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018SEP 17
その他

便秘型過敏性腸症候群にプレカナチドは効果がありますか?


便秘型過敏性腸症候群の患者にプレカナチドを投与すると、プラセボの投与と比べ治療に反応した患者の割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2018SEP 13
その他

便秘型過敏性腸症候群にプレカナチドは効果がありますか?


便秘型過敏性腸症候群の患者にプレカナチドを投与すると、プラセボの投与と比べ治療に反応した患者の割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018AUG 09
その他

輸血の血液製剤は新しいもののほうがよいですか ?


赤血球輸血が必要な重症の成人患者に入手可能な範囲で最も貯蔵期間が短い赤血球製剤を輸血すると、最も貯蔵期間が長い赤血球製剤の輸血と比べ90日後の総死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUL 23
その他

更年期のホットフラッシュにはどんな治療がよいですか?


閉経期女性にエストロゲン+プロゲステロン経皮吸収薬、イソフラボン、ブラックコホシュを投与すると、プラセボに比べて血管運動神経症状の頻度が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 16
その他

入院患者には、週末にもリハビリや医療ソーシャルワーカー、栄養士による新しいサービスを提供したほうがよいですか?


週末もコメディカルによる新たなサービスを提供すると、週末のサービスなしと比べ想定より長期の入院は少なく、平均入院期間は長く、有害事象は多く、再入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 12
その他

入院患者には、週末にもリハビリや医療ソーシャルワーカー、栄養士によるサービスを提供したほうがよいですか?


急性期病棟入院患者に週末もコメディカルによるサービスを提供すると、週末のサービスなしと比べ想定より長期の入院、有害事象、再入院は同等、平均入院期間は短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 05
その他

鼻出血にトラネキサム酸は効果がありますか?


抗血小板薬内服中の鼻出血患者にトラネキサム酸に浸した綿栓を鼻孔内に挿入すると、トラネキサム酸を使用しない綿栓の挿入と比べ10分後に止血が得られた患者の割合が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUN 21
その他

閉経後のホルモン療法には、どんな効果と副作用がありますか?


閉経後の女性にエストロゲンとプロゲステロンを投与すると、プラセボと比べ骨折が少ないが、乳癌、脳卒中が多く、冠動脈疾患は多い傾向にある

さらに詳しく