Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAR 21
脳卒中

軽症の脳梗塞でも血栓溶解療法を行うべきでしょうか?


明らかな障害がない急性期脳梗塞の患者に、アルテプラーゼを投与しても、アスピリンと比べ90日後の機能良好な患者の割合はほぼ同等で、36時間以内の症候性頭蓋内出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019FEB 07
脳卒中

尿酸を下げる新しい薬で心臓病や脳卒中が増えることはありませんか?


心血管疾患の既往がある痛風患者にフェブキソスタットを投与すると、アロプリノールと比べ心血管イベントは同等であるが、心血管死亡と総死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 14
高血圧

もともとの血圧の高さによって、血圧を下げる薬の治療効果に差はありますか?


降圧治療を行うと、一次予防で治療開始前の収縮期血圧が140mmHg以上の人では総死亡、心血管イベントが少ないが、収縮期血圧140mmHg未満の人では同等であり、冠動脈疾患の既往がある人では総死亡は同等で、心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 20
脳卒中

脳梗塞の血栓を溶かす薬は、どの薬がよいですか?


発症4.5時間以内の脳梗塞患者に、テネクテプラーゼを投与すると、アルテプラーゼの投与と比べ血流再開が多い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2018OCT 08
脳卒中

脳卒中の後遺症で記憶障害がある場合、リハビリを受けたほうがよいのでしょうか?


脳卒中後に記憶障害を来した患者に対して、認知機能リハビリテーションを実施すると、短期的な記憶の障害が改善し、長期的な記憶の障害は改善傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 06
脳卒中

脳梗塞の血管内治療は発症後6時間以降でも効果がありますか?


発症後6~16時間の画像検査で回復可能な脳虚血組織がある近位中大脳動脈または内頸動脈閉塞による脳梗塞の患者に血管内治療(血栓除去)を行うと、90日後の機能障害が小さいが、血腫形成が多い傾向にある。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 19
脳卒中

抗血小板薬を3剤併用したほうが脳卒中の再発は予防できますか?


急性期の脳梗塞または一過性脳虚血発作(TIA)の患者にアスピリン、クロピドグレル、ジピリダモールによる抗血小板薬3剤併用療法を行うと、クロピドグレルのみ、またはアスピリンとジピリダモールによるガイドラインに準拠した抗血小板療法と比べ90日後の脳卒中またはTIAは同等で、出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 09
脳卒中

急性期の脳卒中に酸素は効果がありますか?


低酸素血症がない急性期の脳卒中患者に低流量酸素を投与すると、酸素投与なしと比べ90日後の機能障害は同等であり、継続的な酸素投与と夜間のみの酸素投与を比べても同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUN 25
脳卒中

心房細動に左心耳閉鎖術は効果がありますか?


心房細動患者に左心耳閉鎖術を行うと、ワルファリンの投与と比べ脳卒中、全身性塞栓症、心血管または原因不明の死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUN 21
その他

閉経後のホルモン療法には、どんな効果と副作用がありますか?


閉経後の女性にエストロゲンとプロゲステロンを投与すると、プラセボと比べ骨折が少ないが、乳癌、脳卒中が多く、冠動脈疾患は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018APR 02
脂質異常症

心臓病や脳卒中になった人は、コレステロールを下げる薬で心臓病で脳卒中を予防できますか?


心血管疾患の既往がある患者にスタチン、非スタチン薬(エゼチミブ、PCSK9阻害薬)によるより強力なLDL低下療法を行うと、より緩やかな治療と比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAR 29
高血圧

腎臓病がない心臓病や脳卒中のリスクが高い人は、血圧をできるだけ下げたほうがよいですか?


心血管リスクが高く、慢性腎臓病がない高血圧患者に収縮期血圧140mmHg未満を目標とした集中的降圧療法を行うと、収縮期血圧120mmHg未満を目標とした標準的降圧療法と比べ、心血管イベントは少ないが慢性腎臓病の発症が多い

さらに詳しく