Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2023FEB 06
感染症

新型コロナウイルス感染症罹患後の嗅覚障害に飲み薬のステロイドは効果がありますか?


嗅覚障害が持続する新型コロナウイルス感染症罹患後の患者にプレドニゾロンを投与しても、プラセボと比べ嗅覚スコアの改善は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023JAN 30
感染症

気道感染の予防にビタミンDは効果がありますか?


ビタミンDサプリメントを服用していない16歳以上の人に、ビタミンD検査キットを郵送し、検査でビタミンD低値の人にビタミンD(800または3200IU/日)を投与しても、検査キットやビタミンDの提供なしと比べ気道感染はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023JAN 26
感染症

新型コロナウイルス感染症やかぜの予防に肝油(低用量ビタミンDサプリメント)は効果がありますか?


ビタミンDサプリメントを服用していない人に肝油を投与しても、プラセボと比べ新型コロナウイルスPCR検査陽性、重篤な新型コロナウイルス感染症、新型コロナウイルス検査陰性、急性気道感染症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022NOV 03
感染症

中和抗体薬の投与で新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐことができますか?


チキサゲビマブ–シルガビマブ600mgを筋中投与すると、プラセボ投与と比べて投与開始後29日目までの重症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)または全死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022SEP 22
感染症

亜鉛製剤はウイルス性の呼吸器感染症の予防や治療に有用ですか?


成人に予防目的で亜鉛製剤を経口もしくは経鼻投与すると、プラセボと比べてウイルス性呼吸器感染症の発症が少なく、治療目的で舌下もしくは経鼻投与すると、プラセボと比較して発症3日目時点での症状重症度スコアが改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2022SEP 12
感染症

喉の痛みに桔梗湯は効果がありますか?


咽頭痛を認める急性上気道感染の患者に桔梗湯を投与しても、プラセボと比べ10分後の咽頭痛スコアの変化は同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022AUG 29
感染症

新型コロナウイルス感染症にトシリズマブは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にトシリズマブを投与すると、プラセボと比べ28~30日以内の総死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022AUG 22
感染症

新型コロナウイルス感染症にコルヒチンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にコルヒチンを投与すると、プラセボまたは標準治療と比べて、30日以内の総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022AUG 04
感染症

新型コロナウイルス感染症の外来患者にイベルメクチンは効果がありますか?


発症7日以内の重症化リスクを有する新型コロナウイルス感染症の外来患者に、イベルメクチンを投与しても、プラセボと比べ28日以内のCOVID-19による入院またはCOVID-19の増悪による救急受診はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022AUG 01
感染症

新型コロナウイルス感染症の外来患者に飲み薬の抗ウイルス薬(モルヌピラビル)は効果がありますか?


ワクチン未接種で、重症化リスクを有する発症5日以内の新型コロナウイルス感染症の外来患者に、モルヌピラビルを投与すると、プラセボと比べ29日以内の入院または死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022JUL 21
感染症

新型コロナウイルス感染症の外来患者に抗うつ薬(フルボキサミン)は効果がありますか?


発症7日以内の重症化リスクを有する新型コロナウイルス感染症の外来患者に、フルボキサミンを投与すると、プラセボと比べ28日以内の入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUL 18
感染症

小児の合併症のない下気道感染症に抗菌薬は有効ですか?


合併症のない下気道感染症を発症した生後6ヵ月~12歳の小児に、アモキシシリン経口懸濁液を投与しても、中等度以上の症状持続期間はプラセボ投与と比べて同等である

さらに詳しく