Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 13
心疾患

心臓の収縮力が保たれた心不全にベリシグアトは効果がありますか?


左室駆出率が保たれた心不全の患者にベリシグアトを投与しても、プラセボと比べ24週後の身体活動制限スコアの改善は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 10
心疾患

糖尿病治療薬のエンパグリフロジンは心不全の悪化予防に効果がありますか?


心不全患者にエンパグリフロジンを投与すると、プラセボ投与に比べて、心不全増悪による入院、または心血管死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 03
心疾患

心房細動の心拍数のコントロールには、どんな薬を使うとよいですか?


心房細動の患者にジゴキシンを投与すると、ビソプロロールと比べ6ヵ月後の生活の質はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021APR 19
脳卒中

ω-3長鎖多価不飽和脂肪酸(EPAやDHA)で心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管リスクが高い患者にω-3長鎖多価不飽和脂肪酸を投与しても、コーン油の投与と比べて、心血管イベントは同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021MAR 04
冠動脈疾患

コレステロールを下げる薬は効果が現れるまでにどれくらい期間がかかりますか?


心血管疾患の既往がない50~75歳において、スタチンで得られる心血管イベントの予防効果は、イベントを500人のうち1人回避するために0.8年、200人のうち1人回避するために1.3年、100人のうち1人回避するために2.5年必要である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症にコルヒチンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の入院患者に標準治療に加えてコルヒチンを投与すると、標準治療のみと比べ臨床的悪化が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020DEC 24
心疾患

ダパグリフロジンは糖尿病の有無にかかわらず、心不全に効果がありますか?


糖尿病の有無にかかわらず、駆出率の低下した心不全患者に、通常治療に加えてダパグリフロジンを投与すると、プラセボと比較して心不全の増悪と心血管死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020DEC 17
脳卒中

動脈硬化性疾患のないリスクが低い人でもアスピリンを飲んだほうがよいですか?


動脈硬化性疾患の既往がない患者にアスピリンを投与すると、投与なしもしくはプラセボと比べて全死亡は同等で、大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 12
心疾患

急性冠症候群では、2種類の血液を固まりにくくする薬を飲んだ後、1つを減らしてもよいですか?


薬剤溶出性ステントで治療された急性冠症候群の患者に、チカグレロルとアスピリンを3か月投与し、その後にアスピリンを中止してチカグレロルのみ継続すると、チカグレロルとアスピリンを12ヶ月継続した場合に比べて、重大出血と心血管イベントの複合アウトカムが少ない

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020SEP 17
心疾患

心不全には新しい薬を使ったほうがよいですか?


左室駆出率が低下した心不全患者にβ遮断薬に加えてエプレレノンやサクビトリル-バルサルタン、あるいはダパグリフロジンを投与すると、β遮断薬に加えてACE阻害薬またはARBを投与する従来治療と比べ、心血管死亡、心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 07
心疾患

血液を固まりにくくする薬の2剤併用による心臓病や脳卒中の予防効果は、糖尿病の有無で変わりますか?


冠動脈疾患または末梢動脈疾患の既往がある患者にアスピリンに加えてリバーロキサバンを投与すると、アスピリン単独投与に比べて、糖尿病の有無に関わらず心血管死亡、脳卒中、心筋梗塞は少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020AUG 06
心疾患

心臓の機能が保たれた心不全にもサクビトリル-バルサルタンは効果がありますか?


左室駆出率が保たれた心不全の患者にサクビトリル-バルサルタンを投与すると、バルサルタンの投与と比べ心不全による入院、心血管死亡が少ない傾向にあるが、低血圧と血管浮腫が多い

さらに詳しく