Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 12
痛み

オステオパシー手技療法は腰痛に本当に効果がありますか?


亜急性および慢性の非特異的腰痛患者に、非医師・非理学療法士による標準的なオステオパシー手技療法を施すと、偽のオステオパシー手技療法と比べて3ヵ月後の活動制限スコアが減る

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 09
痛み

簡易的な心理療法で、慢性の痛みは改善しますか?


プライマリケアにおいて慢性疼痛のある患者に簡易的な心理介入を行うと、通常ケアと比べて5週間後の痛みの重症度が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021OCT 04
痛み

膝や股関節の変形性関節症に内服薬やサプリメントは効果がありますか?


変形性膝関節症または変形性股関節症の患者にグルコサミンまたはビタミンDを投与すると、プラセボと比べ疼痛の改善が大きいが、コンドロイチンを投与しても疼痛の改善は同等であり、グルコサミン、コンドロイチンまたはビタミンDを投与すると機能の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 26
痛み

変形性膝関節症に高強度筋力トレーニングは効果がありますか?


変形性膝関節症の患者に高強度筋力トレーニングを行っても、低強度筋力トレーニングまたは健康に関するワークショップを行う対照群と比べ18ヵ月後の膝関節痛は同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 12
痛み

肩腱板断裂では、手術をしたほうがよいですか?


肩腱板断裂の患者に手術を行うと、保存的治療と比べ、12ヵ月後の疼痛が少ないものの、12ヵ月後および24ヵ月後の肩関節機能はほぼ同等である。

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 09
痛み

片頭痛に卵円孔閉鎖術は効果がありますか?


予防的薬物療法に反応しない卵円孔開存を伴う片頭痛患者に、薬物療法に加えて卵円孔閉鎖デバイスによる経カテーテル卵円孔閉鎖術を行うと、薬物療法のみと比べ、平均片頭痛日数および平均片頭痛発作回数の減少が大きく、治療反応率が高い傾向にあり、片頭痛の完全消失が多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 02
糖尿病

糖尿病性神経障害にはどんな薬が有効ですか?


疼痛を伴う糖尿病性神経障害の患者にデュロキセチン、ミロガバリンまたはプレガバリンを投与するとプラセボまたはカルバマゼピンと比べ疼痛の50%以上の疼痛の改善が多く、ミロガバリンまたはプレガバリンを投与するとラモトリギンと比べ改善が多く、ノルトリプチリンを投与するとミロガバリンまたはプレガバリンと比べ改善が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 14
痛み

片頭痛にマインドフルネス瞑想は効果がありますか?


片頭痛の患者にマインドフルネスストレス低減法を実施しても、片頭痛に関する教育的プログラムの提供と比べ、12週後における1ヵ月当たりの片頭痛日数の減少は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 22
痛み

偏頭痛の新しい治療薬候補は、どれくらい効きますか?


低分子経口投与型カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)受容体拮抗薬であるアトゲパントを、偏頭痛患者に12週間投与すると、プラセボと比べて1ヵ月あたりの偏頭痛を発症する日数が減る

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021JAN 28
痛み

腰以外の痛みにはどのような治療法がよいですか?


非腰部・筋骨格系損傷による4週以内の急性疼痛に局所NSAIDs、経口NSAIDs、アセトアミノフェンを使用すると、痛みが小さいが、経口NSAIDsで消化器関連の有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 19
痛み

慢性の痛みに、感情認識と表現療法は効果がありますか?


慢性の筋骨格系由来の疼痛を有する患者に、感情認識と表現療法を実施すると、認知行動療法と比べ治療後の疼痛スコアの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 15
痛み

手術を検討している手根管症候群の患者に教育、夜間シーネ固定、自宅運動プログラムは効果がありますか?


手術目的で整形外科を紹介されて受診前待機している手根管症候群の患者に、グループセッションによる教育とその後の夜間シーネ固定、自宅運動プログラムを実施すると、介入なしと比べ手術への移行が少なく、6週後の症状の改善が多く、24週後の症状の改善が多い傾向にあり、患者満足度が高い

さらに詳しく