Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019MAR 25
心疾患

心肺蘇生の気道管理は、気管挿管より挿入が簡単なチューブを使ったほうがよいですか?


高度の気道管理が必要と想定される院外心停止の患者に気道管理として最初にラリンジアルチューブを使用すると、気管挿管と比べ72時間後の生存が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019JAN 10
感染症

抗菌薬による下痢の再発予防の糞便移植は、経口カプセルでもよいですか?


再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症の患者に経口カプセルによる糞便移植を行うと、下部消化管内視鏡による糞便移植と比べクロストリジウム・ディフィシル感染症の再発は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 20
痛み

手根管症候群に体外衝撃波治療はステロイドの注射より効果がありますか?


軽症から中等症の手根管症候群の患者に体外衝撃波治療を行うと、ステロイド局所注射と比べ12~24週後の症状と機能の改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
2017FEB 06
副作用

アスピリンに重篤な副作用はありますか?


アスピリンを投与すると、重篤な消化管出血、頭蓋外出血が多く、脳出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016NOV 24
その他

初めての出産では、妊娠39週で分娩誘発をするとどうなるのでしょうか?


妊娠39週の子宮頸管未成熟な未産婦に選択的分娩誘発を行うと、帝王切開による出産が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2015年発表
CMEC Article
2016JUN 02
痛み

腰部脊柱管狭窄症に外科的減圧治療は効果がありますか?


腰部脊柱管狭窄症患者に、外科的減圧治療を実施しても、理学療法と身体機能スコアはほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2004年発表
2016JAN 18
サプリメント

サプリメントで消化管がんの発症は予防できますか?


βカロテン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、セレンを含む抗酸化サプリメントを摂取すると、消化管がんの発症はほぼ同等であるが、総死亡は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2015AUG 20
痛み

腰部脊柱管狭窄症に、ステロイドの硬膜外注射は効果がありますか?


足の痛みや機能障害を有する腰部脊柱管狭窄症患者に、ステロイドとリドカインの硬膜外注射をすると、リドカインのみの硬膜外注射に比べて、症状改善はほぼ同等であるが、副作用が多い

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014NOV 20
心疾患

血液を固まりにくくする新しい薬は、これまでのワルファリンより効きますか?


心房細動患者に対して、新しい抗凝固薬(ダビガトラン、リバーロキサバン、アピキサバン、エドキサバン)を投与すると、ワルファリンに比べて、脳卒中あるいは全身性塞栓症、大出血は少ないが、消化管出血が多い

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
CMEC Article
2013AUG 29
心疾患

心臓病が原因で起こる肺水腫に、陽圧呼吸は効きますか?


急性心原性肺水腫を発症した患者に持続気道陽圧呼吸を行うと、総死亡や気管内挿管が少ないが、新規の心筋梗塞発症が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2013年発表
CMEC Article
2013AUG 22
その他

急激に上部消化管出血を起こした場合、早く輸血をしたほうがよいですか?


急性上部消化管出血に対してヘモグロビン7g/dL以下で赤血球輸血すると、9g/dL以下に比べて総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2010年発表
CMEC Article
2013MAY 02
その他

原因不明の消化管出血には、カプセル内視鏡を使ったほうがよいですか?


原因不明の消化管出血の治療方針決定にカプセル内視鏡を用いると、小腸造影と比較して、治療後の再出血は多い傾向にある

さらに詳しく