Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 25
その他

大腿骨頸部骨折術後に在宅運動プログラムを行うと、自宅で長く生活することができますか?


大腿骨頸部骨折術後の患者に在宅運動プログラムを実施しても、通常のケアと比べ24ヵ月以内の在宅生活日数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 11
その他

高齢者に運動プログラムや多因子転倒予防プログラムを実施すると骨折は予防できますか?


高齢者に転倒予防アドバイスに加えて運動プログラムまたは多因子転倒予防プログラムを実施すると、転倒予防アドバイスのみと比べ骨折が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 23
感染症

体調が悪化した高齢者に在宅で入院レベルのケアを提供すると、在宅生活を続けることができますか?


状態悪化による入院目的で紹介された高齢者に、在宅で高齢者総合的機能評価と入院レベルのケアを実施すると、入院した場合と比べ6ヵ月後の在宅生存は、ほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2021JUL 15
その他

75歳以上の高齢者でも入院中はしっかりとリハビリを受けたほうがよいですか?


75歳以上の入院急性期の患者に、入院時から中強度の抵抗運動リハビリを行うと、通常ケアと比べてバランス能力、歩行速度、脚力、ADLが向上する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 14
痛み

片頭痛にマインドフルネス瞑想は効果がありますか?


片頭痛の患者にマインドフルネスストレス低減法を実施しても、片頭痛に関する教育的プログラムの提供と比べ、12週後における1ヵ月当たりの片頭痛日数の減少は同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2021MAY 24
心疾患

心不全の患者さんは運動を基本としたリハビリを受けたほうがよいですか?


駆出率が低下、もしくは維持された心不全患者が運動を基本とする心臓リハビリテーションを受けると、運動なしと比べて運動能力、生活の質(QOL)は改善するが、死亡や入院はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2020年発表
CMEC Article
2021MAR 29
喘息

小児喘息の増悪予防のために、喘息教育プログラムは家庭でも実施したほうが良いですか?


喘息の小児に対して、幼稚園や保育園で実施する喘息教育プログラムに加え、家庭でも教育プログラムを実施すると、幼稚園や保育園で実施する教育プログラムのみと比べ、3ヵ月後の喘息コントロールスコアは良いが、6~12ヵ月後では同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 26
その他

虚弱高齢者に全身振動刺激を用いた運動プログラムは効果がありますか?


虚弱高齢者に全身振動刺激を用いた運動プログラムを実施すると、見せかけの全身振動刺激を用いた運動プログラムおよび通常のケアと比べ16週後の機能的移動能力が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 02
その他

個別化された多因子の転倒予防プログラムで転倒による傷害は予防できますか?


転倒リスクが高い高齢者に、看護師による転倒リスク評価と個別化された多因子介入を実施しても、通常のケアと比べ、重篤な転倒による傷害はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 15
痛み

手術を検討している手根管症候群の患者に教育、夜間シーネ固定、自宅運動プログラムは効果がありますか?


手術目的で整形外科を紹介されて受診前待機している手根管症候群の患者に、グループセッションによる教育とその後の夜間シーネ固定、自宅運動プログラムを実施すると、介入なしと比べ手術への移行が少なく、6週後の症状の改善が多く、24週後の症状の改善が多い傾向にあり、患者満足度が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 20
その他

転倒歴がある高齢者に在宅運動プログラムを行うと、転倒の再発は予防できますか?


転倒歴がある高齢者に在宅運動プログラムを実施すると、通常のケアと比べ転倒が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019AUG 19
その他

心理社会経済的に恵まれない妊婦とその子どもに看護師による訪問は効果がありますか?


心理社会経済的リスク因子がある妊婦に出産前から2歳までの看護師訪問プログラムを行うと、通常のケアと比べ規則的な就寝時間、環境の安全性、温かい子育て、親の関わり、経験の多様性が大きく、敵対的な子育てが少ない

さらに詳しく