Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2010年発表
2010NOV 25
副作用

喘息に長期間吸入薬を使っても副作用はないのでしょうか?


長時間作動型β刺激薬を3ヵ月以上使用すると、ステロイド吸入の有無にかかわらず喘息関連死亡や気管内挿管が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
2015JAN 19
糖尿病

新しい糖尿病の薬DPP4阻害薬は、心臓病や脳卒中などの合併症を予防できますか?


リスクが高い2型糖尿病患者にサキサグリプチンを投与しても、心血管イベントはプラセボと同等であり、心不全による入院や重度の低血糖が多く、死亡が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015NOV 09
糖尿病

新しい糖尿病の薬(DPP4阻害薬)に副作用の心配はありませんか?


2型糖尿病の患者に、DPP4阻害薬を投与すると、心不全が多い

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2011DEC 15
副作用

胃酸を抑える薬に、何か副作用がありますか?


胃酸分泌抑制薬(H2ブロッカー)を投与するとプラセボや胃粘膜保護薬と比較して肺炎が多い

さらに詳しく
メタ分析 2011年発表
2014DEC 01
糖尿病

2型糖尿病は、血糖を厳格にコントロールしたほうがよいでしょうか?


2型糖尿病患者に対して血糖値を厳しくコントロールしても、総死亡や心血管死亡は従来通りのコントロールとほぼ同等で、重症低血糖が多い

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2013DEC 05
糖尿病

DPP4阻害薬という、新しい糖尿病の薬に副作用の心配はありませんか?


DPP4阻害薬の有害事象はプラセボと同等で他の経口糖尿病治療薬に比べて低く、重大な有害事象はプラセボ、他の経口糖尿病薬、いずれと比べても少ない傾向にあり、死亡も少ない傾向にあるが、心疾患、低血糖は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
2015SEP 21
副作用

薬剤師が不適切な薬剤使用を主治医に報告すると、転倒や入院は防げますか?


高齢者の薬物治療において、不適切な薬剤使用の報告を行っても、転倒や入院はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析 2014年発表
2015MAY 11
副作用

小児喘息に吸入ステロイドを使うと子供の成長に影響がありますか?


小児の持続型喘息に吸入ステロイドを使用すると、使用しない場合に比べて、1年以上では0.48㎝身長の伸びが少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015FEB 23
糖尿病

インクレチン関連の新しい糖尿病の薬に、副作用の心配はありませんか?


2型糖尿病の成人患者にインクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬あるいはDPP4阻害薬)を投与すると、膵炎が多い傾向がある

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2010OCT 04
高血圧

降圧薬の種類によっては、がんになりやすいことがあるのでしょうか?


アンギオテンシン受容体拮抗薬では他の降圧薬やプラセボと比べて、新たながんの発症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2002年発表
2011MAR 07
脂質異常症

高齢者でもコレステロール低下薬は飲んだほうがよいのでしょうか?


心血管疾患の既往またはリスクの高い高齢者にコレステロール低下薬を投与すると、心血管疾患は少ないが、がんが多いかもしれない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JUN 30
副作用

血液を固まりにくくする薬エドキサバンはこれまでのワルファリンより効きますか?


中等度から高リスクの心房細動患者にエドキサバンを投与すると、脳卒中または全身性塞栓症の発症はワルファリンに比べて同等で重大な出血は少ない

さらに詳しく