Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 02
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化後にマスクを用いた人工呼吸器を使うと、再入院や死亡は予防できますか? 


非侵襲的陽圧換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後で高二酸化炭素血症が残存する患者に在宅酸素療法に加え非侵襲的陽圧換気を行うと、在宅酸素療法のみと比べ再入院または死亡までの期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017SEP 07
COPD

慢性閉塞性肺疾患には、どんな吸入薬がよいでしょうか?


慢性閉塞性肺疾患に長時間作用型抗コリン薬・長時間作用型β刺激薬を投与すると、長時間作用型β刺激薬・ステロイドの投与に比べて急性増悪が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 27
COPD

慢性閉塞性肺疾患では、3種類の薬が入った吸入薬を使ったほうがよいですか?


慢性閉塞性肺疾患患者に、ステロイド、ベータ刺激薬、抗コリン薬の合剤を吸入しても、ステロイド、ベータ刺激薬の合剤の吸入と比較して呼吸困難はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015DEC 17
COPD

COPDの悪化時にステロイドは何日間使ったらよいのでしょうか?


COPD急性増悪の患者に対して、7日以下のステロイド全身投与を行うと、7日を超える投与と比べて治療の失敗は少ない傾向にあり、再燃や有害事象はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015NOV 26
感染症

抗菌薬アジスロマイシンを飲むとCOPDの急な悪化を防げますか?


アジスロマイシンを毎日内服すると、COPDの急性増悪までの期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2015SEP 17
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪にステロイドは静注のほうがよいですか?


COPDの急性増悪に対してステロイド静注を投与すると、経口ステロイドに比べて治療失敗は少ない傾向にあるが、症状再燃はほぼ同等で、総死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2015AUG 06
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪にステロイドは効果がありますか?


COPDの急性増悪に全身ステロイドを投与すると、治療失敗が少なく、再燃は少ない傾向にあるが、総死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JUL 14
COPD

抗コリン薬は、吸入の方法による違いはありますか?


慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の抗コリン薬(チオトロピウム)吸入治療において、ソフトミストとドライパウダーを比べると、総死亡やCOPD増悪はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2013OCT 17
COPD

COPDの吸入薬には抗コリン薬がよいのでしょうか?


COPD患者に噴霧吸入抗コリン薬(チオトロピウム)を投与すると、他剤やプラセボに比べて死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2013OCT 10
COPD

COPDの吸入薬はどれを使ったらよいのでしょうか?


COPD患者に噴霧吸入抗コリン薬(チオトロピウム)を投与すると死亡が多く、長時間作動型β刺激薬‐吸入ステロイド合剤を投与すると死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2012OCT 25
COPD

COPDに対して疾病管理プログラムを行うと、効果がありますか?


ハイリスクCOPD(慢性閉塞性肺疾患)患者に疾病管理プログラムを行うと、通常ケアに比べて入院や救急外来受診が少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
2012JAN 17
COPD

噴霧吸入抗コリン薬を使用すると、COPD患者の死亡率は下がりますか?


COPD患者に噴霧吸入抗コリン薬(チオトロピウム)を投与すると、死亡が多い

さらに詳しく