Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016MAR 28
アレルギー

家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合、新生児のアトピー性皮膚炎の予防法はありますか?②


ハイリスク新生児にエマルジョン型の保湿剤によるケアを行うと、アトピー性皮膚炎または湿疹が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
2016MAR 07
アレルギー

家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合、新生児のアトピー性皮膚炎の予防法はありますか?①


湿疹ハイリスク新生児にエモリエント療法を行うと、アトピー性皮膚炎発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2015OCT 15
サプリメント

アトピー性皮膚炎にビタミンDサプリメントは効果がありますか?


冬期に悪化するアトピー性皮膚炎患者に、スキンケアに加えてビタミンDサプリメントを投与すると、皮膚炎の改善度が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2013DEC 16
アレルギー

花粉症に鍼治療は効果がありますか?


花粉症患者に鍼治療を8週間行うと、鼻炎症状スコアが低い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2012年発表
CMEC Article
2013NOV 07
アレルギー

小児の卵アレルギーには、どんな治療が効果がありますか?


卵アレルギーのある小児に経口免疫療法を行うと、持続的不応性を得られる小児が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2013SEP 16
アレルギー

出生後の早い段階からアレルゲンを避けると、将来、喘息を減らせますか?


出生から12ヵ月の間にアレルゲンを回避すると、通常の予防策と比べて18歳時点での気管支喘息が少ない

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2013JUL 25
アレルギー

虫刺されによっておこる全身のアレルギー反応を予防する方法はありますか?


虫刺症によるアレルギーを有する人に免疫療法を行うと、虫刺症による全身のアレルギー反応は少ないが、副作用が多い

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2013MAR 18
アレルギー

子供の喘息には吸入ステロイドと抗ロイコトリエン薬のどちらがよいですか?


小児では、吸入ステロイドはモンテルカストに比べて喘息悪化が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2008年発表
2012JUL 16
サプリメント

乳酸菌でアトピー性皮膚炎はよくなるでしょうか?


プロバイオティクスを投与すると、プラセボと比べてアトピー性皮膚炎の改善度はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析 2008年発表
2012JUL 09
サプリメント

乳酸菌はアトピー性皮膚炎の予防効果がありますか?


プロバイオティクスを飲ませるとアトピー性皮膚炎の発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2011FEB 28
アレルギー

原因物質を少しずつ投与して体質改善すると、花粉症はよくなりますか?


舌下減感作療法を行うと、アレルギー性鼻炎の症状が軽く、薬剤を必要とすることが少ない

さらに詳しく