Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017JUN 12
糖尿病

糖尿病治療薬によって心血管死亡に差はありますか?


各糖尿病治療薬はメトホルミンに比べて、心血管死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 20
糖尿病

週1回の新しい糖尿病注射薬(GLP-1受容体作動薬)は心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にセマグルチドを投与すると、プラセボの投与と比較して心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中が少ないが、網膜症が多い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016DEC 22
糖尿病

糖尿病にスルホニル尿素薬は効果がありますか?


2型糖尿病患者にスルホニル尿素薬を投与すると、総死亡、心血管死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016NOV 28
糖尿病

糖尿病の人は、血圧の高さによって高血圧の治療効果に違いはありますか?


治療開始前の収縮期血圧が140mmHg以上の患者では降圧療法を行うと総死亡と心血管疾患が少ないが、収縮期血圧140mmHg未満の患者では降圧療法を行うと心血管死亡が多く、総死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2016OCT 24
糖尿病

SGLT2阻害薬は糖尿病患者の心不全に効果がありますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にエンパグリフロジンを投与すると、心不全による入院または心血管死亡、心不全による入院または心不全死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2016OCT 03
糖尿病

新しい糖尿病の薬は、心血管疾患の予防に効果がありますか?


うっ血性心不全や腎障害を有する2型糖尿病患者に、ビルダブリプチン(エクア)を投与すると、プラセボと比べて、重大な心血管イベントの発生は低い傾向にあるが、心不全は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016SEP 22
糖尿病

糖尿病の新しい薬(エンパグリフロジン)は心血管疾患を予防できますか?


心血管疾患のある2型糖尿病患者にエンパグリフロジンを投与すると、心血管死亡および心筋梗塞・脳卒中が少ないが、性器感染症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2015年発表
CMEC Article
2016MAY 26
糖尿病

DPP-4阻害薬は、心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管疾患の既往がある2型糖尿病患者にシタグリプチンを投与しても、心血管イベントはプラセボと同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016APR 28
糖尿病

糖尿病で血圧を下げたい場合、どんな薬がよいでしょうか?


糖尿病にACEIまたはARBを投与すると、その他の降圧薬に比べて、心筋梗塞、狭心症、心不全は少ない傾向にあるが、総死亡、心血管死亡、脳卒中、血行再建術、末期腎不全はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016APR 25
糖尿病

糖尿病で血圧と血糖を厳しくコントロールすると、眼や腎臓の合併症は予防できますか?


2型糖尿病患者で血圧と血糖を厳しくコントロールしても、腎不全の発症、網膜光凝固または硝子体手術の実施は同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2016APR 04
糖尿病

2型糖尿病は血圧をどの程度下げるとよいですか?


2型糖尿病は降圧剤で収縮期血圧を10mmHg下げると、死亡や心血管疾患、脳卒中などの重大な疾患の発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015NOV 09
糖尿病

新しい糖尿病の薬(DPP4阻害薬)に副作用の心配はありませんか?


2型糖尿病の患者に、DPP4阻害薬を投与すると、心不全が多い

さらに詳しく