Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 21
その他

消化管出血にトラネキサム酸は効果がありますか?


出血による死亡のリスクが高い重篤な消化管出血の患者に、トラネキサム酸を投与しても、プラセボと比べ5日以内の出血による死亡は同等で、静脈血栓塞栓症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 24
その他

血行再建術後の足の動脈硬化にリバーロキサバンは効果がありますか?


血行再建術後の末梢動脈疾患の患者にアスピリンに加えてリバーロキサバンを投与すると、プラセボの投与と比べ急性下肢虚血、血管性重大下肢切断、心筋梗塞、脳梗塞、心血管死亡が少ないが、重大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020AUG 20
その他

にきびに過酸化ベンゾイルは効果がありますか?


尋常性ざ瘡の患者に過酸化ベンゾイルを外用すると、プラセボまたは治療なしと比べ、ざ瘡の改善が多いが、アダパレン外用、クリンダマイシン外用と比べ、ざ瘡の改善は同等であり、プラセボまたは治療なしと比べ有害事象による治療中断が多く、アダパレン外用、クリンダマイシン外用と比べ、有害事象による治療中断が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 13
その他

がん患者の静脈血栓症の再発予防は、アピキサバンの内服でもよいですか?


静脈血栓塞栓症に罹患したがん患者にアピキサバンを投与すると、ダルテパリンの投与と比べ静脈血栓塞栓症の再発が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 25
その他

便秘型過敏性腸症候群にテナパノールは効果がありますか?


便秘型の過敏性腸症候群の患者にテナパノールを投与すると、プラセボと比べ治療への反応が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JUN 15
高血圧

血圧をできるだけ下げると、転倒の心配は大きくなりますか?


心血管リスクが高い高血圧患者に収縮期血圧120mmHgを目標とした集中的降圧療法を行うと、収縮期血圧140mmHgを目標とした標準的降圧療法と比べ転倒の心配は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 08
その他

自然気胸では、胸にチューブを入れる治療と保存的治療のどちらがよいですか?


自然気胸の患者に、ただちに胸腔ドレーンを挿入する介入治療を行っても、保存的治療と比べ8週以内の肺再膨張はほぼ同等で、重篤な有害事象と気胸の再発が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JUN 04
その他

不眠にレンボレキサントは効果がありますか?


睡眠障害の患者にレンボレキサントを投与すると、プラセボと比べ睡眠潜時が短縮する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020MAY 28
その他

自宅で病院レベルのケアを受けると、入院するよりも費用は低くなりますか?


急性疾患の患者に自宅で病院レベルのケアを実施すると、入院と比べ急性期ケアの費用が低い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020MAY 25
その他

ヘルスケアホットスポッティングで医療サービスを多用する人の再入院は予防できますか?


医療サービスを多用する医学的、社会的に複雑な状態の入院患者に対し、退院時にヘルスケアスポッティングを実施しても、通常のケアと比べ180日以内の再入院は同等である

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020MAY 11
その他

消化不良にはどんな治療方針がよいですか?


未精査の消化不良の患者にピロリ菌検査と陽性患者の除菌、あるいはすみやかな内視鏡検査を行うと、症状に基づいた治療と比べ症状残存は同等である。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020MAY 04
その他

高齢者の尿失禁を伴う過活動膀胱にミラベグロンは効果がありますか?


尿失禁を伴う過活動膀胱の65歳以上の高齢者にミラベグロンを投与すると、プラセボと比べ排尿回数の減少が大きく、尿失禁回数の減少が大きい

さらに詳しく