Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017AUG 14
うつ病

青少年の大うつ病にはどの抗うつ薬が効きますか?


フルオキセチンのみがプラセボより効果が高く、デュロキセチンやイミプラミンより忍容性が高いが、ベンラファキシンはプラセボや他剤に比べて自殺のリスクが高い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2017APR 03
うつ病

うつ病に抗うつ薬と認知行動療法はどちらが効果がありますか?


大うつ病の寛解、治療反応、うつ病評価尺度は、第2世代抗うつ薬と認知行動療法でほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016OCT 27
うつ病

季節性情動障害に認知行動療法は効果がありますか?


季節性情動障害の患者に認知行動療法を行うと、光療法と比べて、効果は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016SEP 05
うつ病

思春期のうつ病に、抗うつ薬は効果がありますか?


思春期の大うつ病の患者に、抗うつ薬はプラセボと同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015OCT 08
うつ病

認知症患者のうつ病には、どの抗うつ薬がよいのでしょうか?


認知症患者のうつ病にセルトラリンやミルタザピンを投与しても、うつ病症状はプラセボと同等である

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2014DEC 11
冠動脈疾患

抗うつ薬で心臓病を減らすことはできますか?


うつ病を合併した冠動脈疾患の患者が選択的セロトニン取り込み阻害薬を服用すると、冠動脈疾患再入院と死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2011SEP 19
うつ病

新しい抗うつ薬は従来のものよりよく効くのでしょうか?


レボキセチンの効果はプラセボより良い傾向にあるが、従来の抗うつ薬より劣る

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
CMEC Article
2011JUL 28
うつ病

フルボキサミンは、急性期のうつ病に対して他の抗うつ薬よりも効くのでしょうか?


フルボキサミンは急性期のうつ病治療において、他の抗うつ薬と同等である

さらに詳しく