Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2017JUL 24
がん

進行した悪性黒色腫に新しい免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


進行した悪性黒色腫の手術後にイピリムマブを投与すると、プラセボの投与と比較して無再発生存が多いが、重篤な有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JUL 13
がん

抗PD-1抗体製剤は非小細胞性肺がんに効果がありますか?


ペムブロリズマブを進行期の非小細胞性肺がんに投与すると、従来の化学療法に比べ無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JUN 05
がん

再発した頭頚部がんに、ニボルマブは効果がありますか?


化学療法後に再発した頭頚部扁平上皮がん患者にニボルマブを投与すると、標準的な抗悪性腫瘍薬の投与に比べて、生存期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
2017JAN 23
がん

アスピリンを飲むと、がんは予防できますか?


アスピリンを投与すると、がんによる死亡は同等だが、大腸がんによる死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2016DEC 12
がん

乳がんの化学療法にはどの薬の組み合わせがよいでしょうか?


早期乳がん女性では、アントラサイクリン系ベース、タキサン系併用で総死亡、乳がん死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016NOV 07
がん検診

卵巣がん検診で、卵巣がんによる死亡は減りますか?


血清CA125、経膣超音波検査による卵巣がん検診を実施しても、卵巣がんによる死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016AUG 29
がん

乳がん手術後の放射線治療は、リンパ節領域まで照射したほうがよいでしょうか?


乳がんの術後に全乳房照射もしくは胸壁照射に加え、リンパ領域照射を行うと、リンパ領域照射を行わない場合に比べ10年後の生存が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016JUL 25
がん

乳房温存手術後の乳がん放射線治療は、リンパ節領域まで照射したほうがよいでしょうか?


乳房温存手術後に全乳房照射に加えリンパ領域照射を行っても、全乳房照射のみに比べて10年後の生存はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016JUL 04
がん

サプリメントで皮膚がんを予防できますか?


皮膚がんの既往がある患者にニコチン酸アミドを投与すると、皮膚がんの再発が少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2016JUN 06
がん検診

S状結腸内視鏡による大腸がん検診は効果がありますか?


S状結腸内視鏡による大腸がん検診を1000人に1回実施しても、大腸がん死亡を1人防ぐのに9.4年かかる

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2016MAY 12
がん

乳がんの乳房温存手術後に放射線治療をしたほうがよいでしょうか?


乳がん乳房温存手術後に放射線治療をすると、乳がんの10年以内の再発と15年以内の死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016MAR 24
がん

前立腺がんは放射線による治療を受けたほうがよいのでしょうか?


局所進行前立腺がんに対してアンドロゲン除去療法に加えて放射線療法を行うと、生存が多い

さらに詳しく