Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUN 18
感染症

皮膚の消毒に使うクロルヘキシジンは、アルコール製剤と水溶性製剤のどちらがよいですか?


皮膚の小手術を受ける患者にクロルヘキシジンのアルコール製剤で術前皮膚消毒を行うと、クロルヘキシジンの水溶性製剤と比べ手術部位感染症の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018JUN 07
感染症

喘息がない人の下気道感染にステロイド内服は効果がありますか?


急性下気道炎の患者にプレドニゾロンを投与しても、プラセボに比べて中等度以上の咳の持続期間や2~4日目の症状は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUN 04
感染症

皮膚膿瘍には抗菌薬をのんだほうがよいですか?


皮膚膿瘍への切開排膿後にクリンダマイシンもしくはST合剤を投与したほうが治癒率は高い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAY 31
感染症

肺炎にステロイドは効果がありますか?


肺炎患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボまたは投与なしと比べ、総死亡は少ないが、高血糖が多い

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018MAY 14
感染症

整腸剤で抗菌薬による下痢は予防できますか?


抗菌薬を使用する患者にプロバイオティクスを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べクロストリジウム関連下痢症が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018MAR 26
感染症

気道感染で、プロカルシトニンという血液検査で抗菌薬の開始や中止を決めると、死亡や治療の失敗は少なくなりますか?


成人の気道感染患者でプロカルシトニン値に基づいて抗菌薬の開始や中止を行うと、通常のケアと比べて総死亡が少なく、治療の失敗は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018FEB 22
心疾患

炎症を抑える注射で心臓病や脳卒中は予防できますか?


心筋梗塞の既往がある高感度CRP高値の患者にカナキヌマブを投与すると、プラセボと比べて非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中、心血管死亡が少ないが、致死的感染症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018FEB 12
感染症

50 歳以上の成人に遺伝子組み換えインフルエンザワクチンはこれまでのワクチンよりインフルエンザを予防しますか?


遺伝子組み換えインフルエンザワクチンは不活化ワクチンに比べインフルエンザの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 08
感染症

インフルエンザワクチンは中耳炎の予防に効果がありますか?


6歳未満の小児にインフルエンザワクチンを接種すると、プラセボまたは接種なしと比べて急性中耳炎が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018FEB 05
予防接種

安価なロタウイルスワクチンでも効果はありますか?


低コストロタウイルスワクチンを接種すると、プラセボに比べて重症ロタウイルス胃腸炎が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JAN 11
感染症

急性細気管支炎では高張食塩水吸入をしたほうがよいですか?


中等度から重症の急性細気管支炎に対して高張食塩水の吸入をしても、生食吸入と入院は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017DEC 28
感染症

喉の痛みにステロイドは効果がありますか?


咽頭痛に対してステロイド全身投与を行うと、プラセボに比べて24~48時間後の痛みの消失や改善度が大きく、痛みの改善開始・消失までの時間が早い

さらに詳しく