Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019JAN 10
感染症

抗菌薬による下痢の再発予防の糞便移植は、経口カプセルでもよいですか?


再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症の患者に経口カプセルによる糞便移植を行うと、下部消化管内視鏡による糞便移植と比べクロストリジウム・ディフィシル感染症の再発は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018DEC 24
冠動脈疾患

心臓の血管の病気の疑いがある人は、CT検査よりも造影検査を受けたほうがよいですか?


冠動脈疾患の疑いのある非定型狭心症もしくは胸部痛のある患者がCT検査を受けると、冠動脈造影検査を受ける場合と比ベて検査後合併症の発症は同等であり、その後の心血管イベントの発症も同等である

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018NOV 22
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で、血圧を145/80mmHg未満に厳格にコントロールすると脳卒中の発症は少なく、死亡と心疾患の発症は少ない傾向にあり、転倒や認知機能低下との関連はないが、低血圧や意識消失発作およびより多くの治療薬を使用する傾向がある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018NOV 19
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で治療開始時の収縮期血圧が160mmHg未満の場合、血圧を150/90mmHg未満に厳格にコントロールすると死亡、心疾患の発症は少なく、脳卒中の発症は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018NOV 15
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で治療開始時の収縮期血圧が160mmHg以上の場合、血圧を150/90mmHg未満に厳格にコントロールすると死亡、脳卒中、心疾患の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018OCT 01
痛み

胃に負担のかからない痛み止めのほうが心臓や脳にも負担がかからないのでしょうか?


変形性関節症もしくは関節リウマチを有する患者にセレコキシブを投与すると、心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中の発症はナプロキセンとイブプロフェンと比べて同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 06
脳卒中

脳梗塞の血管内治療は発症後6時間以降でも効果がありますか?


発症後6~16時間の画像検査で回復可能な脳虚血組織がある近位中大脳動脈または内頸動脈閉塞による脳梗塞の患者に血管内治療(血栓除去)を行うと、90日後の機能障害が小さいが、血腫形成が多い傾向にある。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 19
脳卒中

抗血小板薬を3剤併用したほうが脳卒中の再発は予防できますか?


急性期の脳梗塞または一過性脳虚血発作(TIA)の患者にアスピリン、クロピドグレル、ジピリダモールによる抗血小板薬3剤併用療法を行うと、クロピドグレルのみ、またはアスピリンとジピリダモールによるガイドラインに準拠した抗血小板療法と比べ90日後の脳卒中またはTIAは同等で、出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 02
痛み

麻薬依存の再発予防には、どんな薬が有効ですか?


オピオイド使用障害の患者の薬物除去治療後にナルトレキソン徐放薬を投与すると、ブプレノルフィン-ナロキソンの投与と比べて24週後のオピオイド使用の再発が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAY 21
その他

胃酸の分泌を抑える新しい薬、ボノプラザンは、アスピリン潰瘍の再発予防に効果がありますか?


消化性潰瘍の既往があり、低用量アスピリンの投与が必要な患者にボノプラザンを投与すると、ランソプラゾールの投与と比べ消化性潰瘍の再発が少ない傾向にあるが、胃がん食道がんが多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018MAY 14
感染症

整腸剤で抗菌薬による下痢は予防できますか?


抗菌薬を使用する患者にプロバイオティクスを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べクロストリジウム関連下痢症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 19
冠動脈疾患

心臓病の血管のステントはどんな種類で、 2種類の抗血小板薬はどれくらいの期間飲めばよいですか?


生体吸収性スキャフォールド、生分解性ポリマーステント、エベロリムスまたはゾタロリムス溶出性非吸収性ポリマーステントで死亡、心筋梗塞、標的血管の血行再建術は同等。非吸収性ポリマーステントで生体吸収性スキャフォールドと比べてステント血栓症が少なく、2種類の抗血小板薬の12ヵ月を超える投与で大出血が多い

さらに詳しく