Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2014JUN 02
糖尿病

糖尿病や血行不良による皮膚潰瘍の創傷に、人工皮膚などの最新治療は効きますか?


難治性の糖尿病性皮膚潰瘍、静脈性皮膚潰瘍を有する患者に人工皮膚やケラチノサイト療法など最新の治療を行うと、従来の標準治療に比べて創傷治癒が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2016JUL 11
感染症

ピロリ菌の除菌は機能性ディスペプシアに効果がありますか?


機能性ディスペプシアを有するピロリ菌感染患者に、ピロリ菌除菌療法を行うと、消化器症状が改善する患者の割合が多い

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015JUN 01
副作用

肺塞栓症では血栓溶解療法を行ったほうがよいのでしょうか?


血栓溶解療法を行うと総死亡が少ないが、大出血は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016JUL 18
その他

大腸の手術前にチューインガムを噛むと術後の腸閉塞を予防できますか?


大腸手術の3時間前からチューインガムを噛むと、術後の入院期間が短い傾向にあり、腸閉塞が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
2011FEB 07
その他

自宅で末期療養中に、酸素投与をしたほうがよいですか?


終末期患者に酸素投与をしても空気投与と比べて呼吸困難感は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2015年発表
CMEC Article
2015DEC 24
その他

栄養を強化することで、褥瘡は早く治りますか?


栄養不良の褥瘡患者に、アルギニン、亜鉛、抗酸化物質を強化した栄養剤を投与すると、褥瘡面積低下割合が大きい

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2015JAN 22
その他

心血管疾患をもつ貧血患者に、赤血球生成促進剤は効果がありますか?


心血管疾患をもつ貧血患者に赤血球生成促進剤を投与すると、総死亡は同等であるが、脳血管イベントは多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015NOV 12
その他

集中治療が必要な重症患者に、不十分な経腸栄養を補うための静脈栄養は、早期に開始したほうがよいのですか?


ICUに入室している重症患者に、不十分な経腸栄養を補う目的で48時間以内に静脈栄養を開始すると、8日以降に開始した場合に比べ、ICU入室が長い

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015FEB 19
副作用

深部静脈血栓症では、血液を固まりにくくする治療に加え血栓を溶かす治療を行ったほうがよいですか?


急性深部静脈血栓症患者に血栓溶解および抗凝固療法を行うと、1ヵ月以内の出血合併症が多く、脳卒中・脳出血や6ヵ月以内の死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2014MAR 27
その他

中心静脈栄養にグルタミン、セレンは入れたほうがよいですか?


セレン追加で新たな感染や死亡は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JUN 05
その他

コルヒチンは急性心膜炎に効果がありますか?


初発の急性心膜炎患者にコルヒチンを投与すると、頻発性または再発性心膜炎が少ない

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2012JUL 12
その他

新しい抗生物質は過敏性腸症候群に効果がありますか?


過敏性腸症候群患者にリファキシミンを投与すると、プラセボに比べて症状全般の改善率が高い

さらに詳しく