Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 20
その他

80歳以上の高齢者の潜在性甲状腺機能低下症に甲状腺ホルモンは効果がありますか?


潜在性甲状腺機能低下症がある80歳以上の高齢者にレボチロキシンを投与しても、プラセボと比べ甲状腺機能低下症状、倦怠感は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 17
その他

救急外来受診や入院後に移行期ケアクリニックによるケアを行うと、死亡や病院受診を減らすことができますか?


救急外来受診、経過観察のための病院滞在、または入院後に離院する患者に移行ケアクリニックによるケアを行うと、通常のケアと比べ90日以内の死亡または病院受診はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020FEB 06
その他

髄液検査は超音波で確認してから行ったほうがよいですか?


超音波補助下腰椎穿刺を行うと、体表ランドマークに基づいた腰椎穿刺と比べ腰椎穿刺の成功が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 27
その他

手術後のせん妄は、鎮痛薬で予防できますか?


心臓手術を受ける患者にアセトアミノフェンを静脈注射すると、プラセボと比べ術後せん妄が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2020JAN 23
その他

潰瘍性大腸炎の寛解維持にメトトレキサートは効果がありますか?


メトトメトトレキサートとステロイドによる導入期治療に反応した活動性の潰瘍性大腸炎の患者にメトトレキサートの皮下注射を行っても、プラセボと比べ寛解維持は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 20
その他

転倒歴がある高齢者に在宅運動プログラムを行うと、転倒の再発は予防できますか?


転倒歴がある高齢者に在宅運動プログラムを実施すると、通常のケアと比べ転倒が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2020JAN 16
その他

解熱薬で熱性けいれんの再発は予防できますか?


熱性けいれんで受診した患者にアセトアミノフェンを投与すると、解熱薬使用なしと比べ同一発熱エピソード中の熱性けいれん再発が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 13
その他

静脈うっ滞による足の潰瘍では、早期に静脈のアブレーションをしたほうがよいですか?


静脈うっ滞性下肢潰瘍の患者に早期に表在静脈内アブレーションを行うと、潰瘍治癒後の静脈内アブレーションと比べ潰瘍治癒までの期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 19
その他

入院中の患者の目標栄養摂取量は個別に設定したほうがよいですか?


栄養不良のリスクのある入院患者にタンパク質とカロリーの目標摂取量を患者個別に設定すると、標準的な病院食摂取と比べ30日以内の有害事象が少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019DEC 09
その他

鎮静薬(抗精神病薬)は、入院中のせん妄に効果がありますか?


せん妄のリスクがある患者にハロペリドールを投与すると、プラセボと比べ、死亡やせん妄の発症はほぼ同等であるが、第2世代抗精神病薬を投与するとせん妄の発症は少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019DEC 05
その他

静脈血栓では、血栓を予防する薬を長期にわたって使用したほうがよいですか?


静脈血栓塞栓症の患者に長期抗凝固療法を行うと、直接経口抗凝固薬では総死亡が少なく、重大出血が多い傾向にあるが、ワルファリンでは総死亡はほぼ同等で、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2019年発表
CMEC Article
2019DEC 02
心疾患

フェブキソスタットで心臓病、脳卒中、腎臓病は予防できますか?


心血管リスクと高尿酸血症がある高齢者にフェブキソスタットを投与すると、通常治療と比べ脳心血管腎イベント、総死亡は少ないが、総死亡、脳血管疾患、非致死的冠動脈疾患はほぼ同等である

さらに詳しく