Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 26
その他

虚弱高齢者に全身振動刺激を用いた運動プログラムは効果がありますか?


虚弱高齢者に全身振動刺激を用いた運動プログラムを実施すると、見せかけの全身振動刺激を用いた運動プログラムおよび通常のケアと比べ16週後の機能的移動能力が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 19
その他

早産児の脳室内出血後水頭症への脳室ドレナージ・線溶療法に長期的な効果ありますか?


脳室内出血後水頭症を認める早産児に脳室ドレナージ・線溶療法を行うと、腰椎穿刺による脳室拡大コントロールを行う標準治療と比べ、10年後の認知機能が高く、重度認知機能障害のない生存が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 16
その他

急性のじんま疹にセチリジンの注射は効果がありますか?


急性じんま疹の患者にセチリジンの静脈注射を行うと、ジフェンヒドラミンの静脈注射と比べ2時間後の掻痒スコアの改善はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 02
その他

個別化された多因子の転倒予防プログラムで転倒による傷害は予防できますか?


転倒リスクが高い高齢者に、看護師による転倒リスク評価と個別化された多因子介入を実施しても、通常のケアと比べ、重篤な転倒による傷害はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 15
痛み

手術を検討している手根管症候群の患者に教育、夜間シーネ固定、自宅運動プログラムは効果がありますか?


手術目的で整形外科を紹介されて受診前待機している手根管症候群の患者に、グループセッションによる教育とその後の夜間シーネ固定、自宅運動プログラムを実施すると、介入なしと比べ手術への移行が少なく、6週後の症状の改善が多く、24週後の症状の改善が多い傾向にあり、患者満足度が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 21
その他

消化管出血にトラネキサム酸は効果がありますか?


出血による死亡のリスクが高い重篤な消化管出血の患者に、トラネキサム酸を投与しても、プラセボと比べ5日以内の出血による死亡は同等で、静脈血栓塞栓症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 24
その他

血行再建術後の足の動脈硬化にリバーロキサバンは効果がありますか?


血行再建術後の末梢動脈疾患の患者にアスピリンに加えてリバーロキサバンを投与すると、プラセボの投与と比べ急性下肢虚血、血管性重大下肢切断、心筋梗塞、脳梗塞、心血管死亡が少ないが、重大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020AUG 20
その他

にきびに過酸化ベンゾイルは効果がありますか?


尋常性ざ瘡の患者に過酸化ベンゾイルを外用すると、プラセボまたは治療なしと比べ、ざ瘡の改善が多いが、アダパレン外用、クリンダマイシン外用と比べ、ざ瘡の改善は同等であり、プラセボまたは治療なしと比べ有害事象による治療中断が多く、アダパレン外用、クリンダマイシン外用と比べ、有害事象による治療中断が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 13
その他

がん患者の静脈血栓症の再発予防は、アピキサバンの内服でもよいですか?


静脈血栓塞栓症に罹患したがん患者にアピキサバンを投与すると、ダルテパリンの投与と比べ静脈血栓塞栓症の再発が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 25
その他

便秘型過敏性腸症候群にテナパノールは効果がありますか?


便秘型の過敏性腸症候群の患者にテナパノールを投与すると、プラセボと比べ治療への反応が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JUN 15
高血圧

血圧をできるだけ下げると、転倒の心配は大きくなりますか?


心血管リスクが高い高血圧患者に収縮期血圧120mmHgを目標とした集中的降圧療法を行うと、収縮期血圧140mmHgを目標とした標準的降圧療法と比べ転倒の心配は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 08
その他

自然気胸では、胸にチューブを入れる治療と保存的治療のどちらがよいですか?


自然気胸の患者に、ただちに胸腔ドレーンを挿入する介入治療を行っても、保存的治療と比べ8週以内の肺再膨張はほぼ同等で、重篤な有害事象と気胸の再発が多い

さらに詳しく