Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016JAN 28
痛み

鎮痛剤は合剤のほうが膝の痛みに効果がありますか?


慢性膝関節痛にパラセタモール・イブプロフェン合剤は、パラセタモール単独より痛みが少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015FEB 05
骨粗しょう症

ビタミンDをとると、骨折を予防できるでしょうか?


高齢男性や閉経後女性ではビタミンD単独では大腿骨頸部骨折がむしろやや多い傾向となるが、カルシウムを併用すると少ない

さらに詳しく
メタ分析2009年発表
2010AUG 02
骨粗しょう症

ビタミンDをとると、骨折を予防できるでしょうか?


65歳以上の男性や閉経後女性ではビタミンD単独では大腿骨頸部骨折がむしろやや多い傾向となるが、カルシウムを併用すると少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2007年発表
2010AUG 30
サプリメント

ハチミツで咳が治まるのでしょうか?


ハチミツは小児の上気道炎による夜間の咳が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 17
喘息

吸入ステロイドと長時間作用型気管支拡張薬の合剤は、安全性に問題がありますか?


小児の喘息患者にフルチカゾンとサルメテロールの合剤を投与すると、フルチカゾン単独の投与と比較して喘息の増悪は少ない傾向にあるが、喘息による入院は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016APR 14
心疾患

心房細動に対する左心耳閉鎖術は、ワルファリンより効果がありますか?


心房細動患者にデバイスを用いた経皮的左心耳閉鎖術を行うと、ワルファリンに比べて、心血管疾患が少ないが、事故は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2009年発表
CMEC Article
2012JAN 12
冠動脈疾患

心筋梗塞等のあと、ACE阻害薬やARBの投与、またその併用はどんな効果がありますか?


安定虚血性心疾患で左室機能の保たれている患者に対する標準的薬物療法にACE阻害薬を追加すると、死亡、心血管疾患が少ないが、ARBはプラセボと同等で、併用療法はACE阻害薬単独よりも害が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2013FEB 18
その他

夜間に足がつるのを防ぐにはどうしたらよいですか?


夜間の下肢有痛性筋痙攣に対して、就寝前にストレッチをすると筋痙攣の回数が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 15
認知症

認知機能に障害がある人に対して高照度光療法は効果がありますか?


軽度認知機能障害または認知症を有する人に高照度光療法を行うと、行動障害が少なく、夜間の睡眠時間が長く、うつ症状が少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2017JUN 08
脳卒中

脳卒中の急性期に機械的血栓除去療法は効果がありますか?


脳梗塞急性期において、標準治療単独と比べて機械的血栓除去療法は良好な機能予後が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2014JAN 27
感染症

小児のかぜの症状に、軟膏タイプのかぜ薬は効果がありますか?


かぜ症状のある小児に軟膏タイプのかぜ薬を塗布すると、夜間の咳や睡眠は改善するが、鼻漏症状はほぼ同等で、皮膚や目鼻の灼熱感が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017SEP 04
その他

男性の頻尿には2種類の薬を合わせて使ったほうがよいですか?


良性前立腺肥大の男性でイミダフェナシンとアルフゾシンを合わせて投与するほうが、アルフゾシン単独と比較して1日の排尿回数が統計学的には少ない

さらに詳しく