Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2022SEP 15
認知症

アルツハイマー型認知症の精神神経症状に抑肝散は効果がありますか?


アルツハイマー型認知症の患者に抑肝散を投与しても、プラセボと比べ4週後の精神神経症状スコアの変化は同等である

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022AUG 11
認知症

アルツハイマー型認知症の治療薬は、どの薬がより効果がありますか?


アルツハイマー型認知症の患者にドネペジル単独またはドネペジルとメマンチンの併用投与を行うと、プラセボと比べ認知機能の改善が大きく、リバスチグミン経皮吸収薬を投与すると認知機能の改善が大きい傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 19
認知症

早期のアルツハイマー病に新しい抗体治療薬レカネマブは効果がありますか?


早期アルツハイマー病の患者にレカネマブを投与しても、プラセボと比べ12ヵ月後の臨床症状スコアの変化はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2022JAN 24
認知症

アミロイドβを標的とした抗体治療薬(ドナネマブ)は、早期の認知症に効果がありますか?


早期のアルツハイマー型認知症の患者に、ドナネマブを投与すると、プラセボと比べ認知障害や機能障害の低下が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2007年発表
CMEC Article
2021JAN 11
認知症

漢方薬で肺炎は予防できますか?


認知症の高齢者に半夏厚朴湯を投与すると、肺炎の発症が少なく、肺炎による死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020DEC 10
認知症

物忘れが気になる高血圧の人には、どのような薬がよいでしょうか?


軽度認知機能障害のある55歳以上の高血圧患者にカンデサルタンを投与すると、リシノプリルと比べて実行機能の評価がよい

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAR 26
認知症

認知症の攻撃性や興奮状態には、どんな治療がよいですか?


攻撃性や興奮がある認知症患者に、多職種による集学的ケア、マッサージとタッチセラピー、音楽療法に加えマッサージとタッチセラピーを行うと、通常のケアと比べ攻撃性や興奮状態の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019OCT 14
高血圧

血圧をしっかり下げたほうが認知症になりにくいですか?


糖尿病の病歴および脳卒中の既往のない高血圧患者に対して、収縮期血圧で120mmHg未満を目指す厳格な血圧コントロールを行うと、収縮期血圧で140mmHg未満を目指す標準的な血圧コントロールと比べて、認知症疑いの発症は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2018OCT 08
脳卒中

脳卒中の後遺症で記憶障害がある場合、リハビリを受けたほうがよいのでしょうか?


脳卒中後に記憶障害を来した患者に対して、認知機能リハビリテーションを実施すると、短期的な記憶の障害が改善し、長期的な記憶の障害は改善傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2018JUL 26
認知症

抗うつ薬を飲むと認知機能がよくなるのでしょうか?


認知症患者に抗うつ薬を投与しても、認知機能の変化はプラセボと同程度である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUN 21
その他

閉経後のホルモン療法には、どんな効果と副作用がありますか?


閉経後の女性にエストロゲンとプロゲステロンを投与すると、プラセボと比べ骨折が少ないが、乳癌、脳卒中が多く、冠動脈疾患は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 15
認知症

認知機能に障害がある人に対して高照度光療法は効果がありますか?


軽度認知機能障害または認知症を有する人に高照度光療法を行うと、行動障害が少なく、夜間の睡眠時間が長く、うつ症状が少ない

さらに詳しく