Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024JUN 06
感染症

マスク着用の煩わしさはアロマシールを貼ることで解消されますか?


1マスク着用の際に、オレンジ・ライムの香りがするアロマシールを貼ると、プラセボシールを貼る場合と比べて2週間後のストレススコアが減る

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024MAY 30
感染症

新型コロナウイルス感染症の重症患者にコレステロールを下げる薬(スタチン)を投与すると、死亡は減りますか?


重症または生命の危機にある新型コロナウイルス感染症の入院患者に、アトルバスタチンを投与しても、プラセボの投与と比べて、28日以内の総死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024MAY 27
感染症

新型コロナウイルス感染症の重症患者に、コレステロールを下げる薬(スタチン)は効果がありますか?


生命の危機に瀕している新型コロナウイルス感染症の入院患者にシンバスタチンを投与すると、スタチンの投与なしと比べて、21日以内の臓器サポートなしの日数が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024MAY 02
感染症

重症肺炎に対するステロイドの有効性は、薬剤ごとに異なりますか?


重症肺炎で入院した成人患者に副腎皮質ステロイドを投与すると、プラセボと比べて総死亡が少ないが、ヒドロコルチゾンの投与で総死亡が減少する一方、メチルプレドニゾロン、デキサメタゾン、プレドニゾロンの投与ではほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024APR 15
感染症

新型コロナウイルスの迅速検査は、鼻よりも喉から検体を採取したほうがよいですか?


迅速抗原検査において、医療従事者が検体採取をした場合では、咽頭検体のほうが鼻腔検体よりも検査の感度が高い。一方で、患者が自己採取する場合では、咽頭検体と鼻腔検体で検査感度はほぼ同程度である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 29
感染症

小児の中耳炎予防に対して、プロバイオティクスは効果がありますか?


1〜6歳までの幼児に対して、プロバイオティクスを6ヵ月間投与すると、プラセボと比べて、急性中耳炎の発症はむしろ多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 15
感染症

新型コロナウイルス感染症に、ビタミンやミネラルを配合したサプリメントは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の外来患者にビタミンC、ビタミンD3、ビタミンK2、亜鉛のサプリメントを投与しても、プラセボの投与と比べて、健康状態はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024FEB 08
感染症

新型コロナウイルス感染症の後遺症に、リハビリは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の罹患後症状を認める患者に、呼吸訓練や運動によるリハビリテーションを実施すると、通常のケアと比べ運動耐容能の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024JAN 18
感染症

胃薬のテプレノンで、新型コロナウイルス感染症の悪化を予防できますか?


新型コロナウイルス感染症で入院している患者に、通常治療に加えてテプレノンを投与すると、非投与と比べて気管挿管率はむしろ多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023DEC 11
感染症

新型コロナウイルス感染症の罹患後の嗅覚障害に、ガパペンチンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症(Covid-19)罹患後に嗅覚障害を有する成人にガバペンチンを投与しても、プラセボと比べて、味覚の改善割合は同程度である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023DEC 07
感染症

軽症の新型コロナウイルス感染症では、ステロイド吸入薬を使うことで、回復が早まりますか?


新型外来患者が、フルチカゾンフランカルボン酸エステコロナウイルス感染症(Covid-19)と診断されてから7日以内のルを吸入しても、プラセボの吸入と比べて、症状が回復するまでの期間は同等である

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023SEP 28
感染症

ヒドロキシクロロキンで、新型コロナウイルス感染症は予防できますか?


医療従事者にヒドロキシクロロキンを投与しても、プラセボまたは投与なしと比べて、新型コロナウイルス感染症はほぼ同等であり、有害事象が多い

さらに詳しく