Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020OCT 26
感染症

繰り返す尿路感染症に鍼治療は効果がありますか?


反復性の単純性尿路感染症の女性患者に鍼治療または灸療法を行うと、抗菌薬の投与と比べ治癒が多く、鍼治療を行うと治療なし、あるいは見せかけの鍼治療と比べ再発が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 19
痛み

慢性の痛みに、感情認識と表現療法は効果がありますか?


慢性の筋骨格系由来の疼痛を有する患者に、感情認識と表現療法を実施すると、認知行動療法と比べ治療後の疼痛スコアの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 12
心疾患

急性冠症候群では、2種類の血液を固まりにくくする薬を飲んだ後、1つを減らしてもよいですか?


薬剤溶出性ステントで治療された急性冠症候群の患者に、チカグレロルとアスピリンを3か月投与し、その後にアスピリンを中止してチカグレロルのみ継続すると、チカグレロルとアスピリンを12ヶ月継続した場合に比べて、重大出血と心血管イベントの複合アウトカムが少ない

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020SEP 28
がん

限局性前立腺がんの放射線療法(外照射)に追加する治療は、ホルモン療法と 小線源療法(放射線療法)のどちらがよいですか?


限局性前立腺がん患者に外照射に加えてアンドロゲン除去療法を行うと、外照射のみと比べ全生存期間が長いが、小線源療法の追加と外照射のみの比較では同等であり、アンドロゲン除去療法の追加を行うと小線源療法の追加と比べ全生存期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020SEP 17
心疾患

心不全には新しい薬を使ったほうがよいですか?


左室駆出率が低下した心不全患者にβ遮断薬に加えてエプレレノンやサクビトリル-バルサルタン、あるいはダパグリフロジンを投与すると、β遮断薬に加えてACE阻害薬またはARBを投与する従来治療と比べ、心血管死亡、心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 14
感染症

子どもの虫垂炎では手術をしなくてもよいですか?


急性非穿孔性虫垂炎の小児患者に抗菌薬による非手術的治療を行うと、虫垂切除術と比べ5年後の治療の失敗が多い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020SEP 03
糖尿病

新しい糖尿病の薬(SGLT2阻害薬)で糖尿病性ケトアシドーシスは増えますか?


2型糖尿病患者にSGLT2阻害薬を投与すると、治療なし、プラセボの投与、または他の糖尿病治療薬の投与と比べ糖尿病性ケトアシドーシスが多い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020AUG 31
感染症

敗血症の初期治療では、どれくらいの量の点滴をすればよいですか?


敗血症患者の初期治療に用いる輸液の投与量が、少なくても、多くても、総死亡、重篤な有害事象はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 27
感染症

菌血症の治療期間はCRPを指標に決めてもよいですか?


グラム陰性菌による菌血症の患者で、有効な抗菌薬を5日間投与した後にCRPを指標に治療期間を決定すると、14日間固定の治療期間と比べ治療の失敗はほぼ同等で、7日間と14日間固定の治療期間の比較でもほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020AUG 20
その他

にきびに過酸化ベンゾイルは効果がありますか?


尋常性ざ瘡の患者に過酸化ベンゾイルを外用すると、プラセボまたは治療なしと比べ、ざ瘡の改善が多いが、アダパレン外用、クリンダマイシン外用と比べ、ざ瘡の改善は同等であり、プラセボまたは治療なしと比べ有害事象による治療中断が多く、アダパレン外用、クリンダマイシン外用と比べ、有害事象による治療中断が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020AUG 17
高血圧

血圧を下げると認知症は予防できますか?


療法を行うと、プラセボの投与や、緩めの降圧療法と比べ、認知症または認知機能障害が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 27
痛み

椎間板ヘルニアによる慢性の坐骨神経痛に手術は効果がありますか?


腰椎椎間板ヘルニアによる慢性の坐骨神経痛患者に、顕微鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術を行うと、保存的治療と比べ6ヵ月後の下肢痛が小さい

さらに詳しく