Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 03
その他

手術前に認知エクササイズを行うと、手術後のせん妄は予防できますか?


手術前に認知エクササイズを行うと、通常の活動と比べ、術後せん妄の発症が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAR 18
その他

摂食障害にデジタル認知行動療法は効果がありますか?


神経性食思不振症以外の摂食障害の女子大学生にデジタル認知行動療法を実施すると、カウンセリングセンターを紹介する通常のケアと比べ全般的精神病理スコアの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2007年発表
CMEC Article
2021JAN 11
認知症

漢方薬で肺炎は予防できますか?


認知症の高齢者に半夏厚朴湯を投与すると、肺炎の発症が少なく、肺炎による死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020DEC 10
認知症

物忘れが気になる高血圧の人には、どのような薬がよいでしょうか?


軽度認知機能障害のある55歳以上の高血圧患者にカンデサルタンを投与すると、リシノプリルと比べて実行機能の評価がよい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 19
その他

早産児の脳室内出血後水頭症への脳室ドレナージ・線溶療法に長期的な効果ありますか?


脳室内出血後水頭症を認める早産児に脳室ドレナージ・線溶療法を行うと、腰椎穿刺による脳室拡大コントロールを行う標準治療と比べ、10年後の認知機能が高く、重度認知機能障害のない生存が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 19
痛み

慢性の痛みに、感情認識と表現療法は効果がありますか?


慢性の筋骨格系由来の疼痛を有する患者に、感情認識と表現療法を実施すると、認知行動療法と比べ治療後の疼痛スコアの改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020AUG 17
高血圧

血圧を下げると認知症は予防できますか?


療法を行うと、プラセボの投与や、緩めの降圧療法と比べ、認知症または認知機能障害が少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAR 26
認知症

認知症の攻撃性や興奮状態には、どんな治療がよいですか?


攻撃性や興奮がある認知症患者に、多職種による集学的ケア、マッサージとタッチセラピー、音楽療法に加えマッサージとタッチセラピーを行うと、通常のケアと比べ攻撃性や興奮状態の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 26
痛み

慢性の痛みに、感情に焦点を当てた曝露療法は効果がありますか?


感情の問題を合併した慢性疼痛の患者に診断横断的な感情※に焦点を当てた曝露療法を行うと、インターネットを利用した認知行動療法と比べうつ症状、疼痛による影響の改善が大きく、不安症状、破局的思考の改善が大きい傾向にあり、疼痛の強さは改善が小さい傾向にある ※痛みや感情の問題を維持し悪化させる心理的なメカニズム

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019OCT 14
高血圧

血圧をしっかり下げたほうが認知症になりにくいですか?


糖尿病の病歴および脳卒中の既往のない高血圧患者に対して、収縮期血圧で120mmHg未満を目指す厳格な血圧コントロールを行うと、収縮期血圧で140mmHg未満を目指す標準的な血圧コントロールと比べて、認知症疑いの発症は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019JUN 24
がん

健康な高齢者がアスピリンを飲むと、死亡、もしくはがんによる死亡は減りますか?


心血管疾患、認知症または身体機能障害がない高齢者にアスピリンを投与すると、プラセボと比べ総死亡、がん関連死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018NOV 22
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で、血圧を145/80mmHg未満に厳格にコントロールすると脳卒中の発症は少なく、死亡と心疾患の発症は少ない傾向にあり、転倒や認知機能低下との関連はないが、低血圧や意識消失発作およびより多くの治療薬を使用する傾向がある

さらに詳しく