Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022SEP 22
感染症

亜鉛製剤はウイルス性の呼吸器感染症の予防や治療に有用ですか?


成人に予防目的で亜鉛製剤を経口もしくは経鼻投与すると、プラセボと比べてウイルス性呼吸器感染症の発症が少なく、治療目的で舌下もしくは経鼻投与すると、プラセボと比較して発症3日目時点での症状重症度スコアが改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022SEP 05
痛み

日本人の偏頭痛発作に新しい内服薬(ラスミジタン)は効果がありますか?


日本人の偏頭痛発作にラスミジタンを投与すると、プラセボと比べ治療2時間後の頭痛の消失が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2022SEP 01
痛み

偏頭痛発作に新しい内服薬(ラスミジタン)は効果がありますか?


偏頭痛発作にラスミジタンを投与すると、プラセボと比べ治療2時間後の頭痛の消失が多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022AUG 22
感染症

新型コロナウイルス感染症にコルヒチンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にコルヒチンを投与すると、プラセボまたは標準治療と比べて、30日以内の総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022AUG 11
認知症

アルツハイマー型認知症の治療薬は、どの薬がより効果がありますか?


アルツハイマー型認知症の患者にドネペジル単独またはドネペジルとメマンチンの併用投与を行うと、プラセボと比べ認知機能の改善が大きく、リバスチグミン経皮吸収薬を投与すると認知機能の改善が大きい傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUL 18
感染症

小児の合併症のない下気道感染症に抗菌薬は有効ですか?


合併症のない下気道感染症を発症した生後6ヵ月~12歳の小児に、アモキシシリン経口懸濁液を投与しても、中等度以上の症状持続期間はプラセボ投与と比べて同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022JUN 30
痛み

腰痛に筋肉をほぐす薬は効果がありますか?


非特異的な急性腰痛を認める患者に、非ベンゾジアゼピン系鎮痙薬を投与すると、プラセボ、通常のケア、治療なしと比べて、治療開始から2週間以内の疼痛は小さいが、治療の中断はほぼ同等であり、有害事象が多い

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022JUN 27
感染症

糞線虫症の流行により新型コロナウイルス感染症に対するイベルメクチンの効果に違いはありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にイベルメクチンを投与すると、標準治療、プラセボまたは他の治療薬の投与と比べ、糞線虫症の有病率が高い地域では総死亡が少ないが、糞線虫症の有病率が低い地域では総死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 23
感染症

軽症の新型コロナウイルス感染症に、吸入ステロイドは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の外来患者に、シクレソニド吸入薬を投与しても、プラセボと比べCOVID-19に関連した症状の軽快までの期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 13
その他

薬物乱用がある入院患者に患者ナビゲーションサービスを提供すると、再入院は予防できますか?


物質使用障害を併発した入院患者に、患者ナビゲーションサービスを提供すると、通常の治療と比べ12ヵ月以内の再入院が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022JUN 06
その他

50歳以上の人に、医療用大麻は安全に使用できますか?


50歳以上の人にテトラヒドロカンナビノール(THC)の投与、またはTHCとカンナビジオール(CBD)の併用投与をすると、プラセボもしくは他の薬剤と比べて、全有害事象および治療に関連した有害事象は多いが、重篤な有害事象、総死亡はほぼ同等である。有害事象による治療中断はTHCとCBDの併用投与で多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022JUN 02
その他

褥瘡の予防や治療には、どんなマットレスがよいですか?


褥瘡のリスクがある患者に静止型エアマットレスまたは圧切換型エアマットレスを使用すると、フォームマットレスと比べ褥瘡の発症が少なく、静止型ゲルマットレスを使用すると褥瘡の発症が少ない傾向にあり、褥瘡を認める患者に静止型エアマットレスを使用すると、フォームマットレスと比べ褥瘡の治癒が多い傾向にある

さらに詳しく