Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022JUN 27
感染症

糞線虫症の流行により新型コロナウイルス感染症に対するイベルメクチンの効果に違いはありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にイベルメクチンを投与すると、標準治療、プラセボまたは他の治療薬の投与と比べ、糞線虫症の有病率が高い地域では総死亡が少ないが、糞線虫症の有病率が低い地域では総死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 13
その他

薬物乱用がある入院患者に患者ナビゲーションサービスを提供すると、再入院は予防できますか?


物質使用障害を併発した入院患者に、患者ナビゲーションサービスを提供すると、通常の治療と比べ12ヵ月以内の再入院が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022JUN 06
その他

50歳以上の人に、医療用大麻は安全に使用できますか?


50歳以上の人にテトラヒドロカンナビノール(THC)の投与、またはTHCとカンナビジオール(CBD)の併用投与をすると、プラセボもしくは他の薬剤と比べて、全有害事象および治療に関連した有害事象は多いが、重篤な有害事象、総死亡はほぼ同等である。有害事象による治療中断はTHCとCBDの併用投与で多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022JUN 02
その他

褥瘡の予防や治療には、どんなマットレスがよいですか?


褥瘡のリスクがある患者に静止型エアマットレスまたは圧切換型エアマットレスを使用すると、フォームマットレスと比べ褥瘡の発症が少なく、静止型ゲルマットレスを使用すると褥瘡の発症が少ない傾向にあり、褥瘡を認める患者に静止型エアマットレスを使用すると、フォームマットレスと比べ褥瘡の治癒が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 19
認知症

早期のアルツハイマー病に新しい抗体治療薬レカネマブは効果がありますか?


早期アルツハイマー病の患者にレカネマブを投与しても、プラセボと比べ12ヵ月後の臨床症状スコアの変化はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 05
脳卒中

心房細動の患者はエドキサバンを半分の量で飲んでもよいですか?


心房細動患者にエドキサバンを15~30mg/日で投与すると、30~60mg/日の投与と比べて、リスクとベネフィットの正味臨床アウトカム(治療脳卒中、全身性塞栓症、大出血、全死亡の複合)の発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022APR 25
感染症

季節性インフルエンザの治療にはどの薬がよいですか?


成人および小児の季節性インフルエンザ患者に、ノイラミニダーゼ阻害薬もしくはエンドヌクレアーゼ阻害薬を投与すると、プラセボと比べてインフルエンザ症状が緩和されるまでの時間が短い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022APR 18
感染症

新型コロナウイルス感染症に抗ウイルス抗体や血液製剤は効果がありますか?


非重症の新型コロナウイルス感染症患者にカシリビマブ-イムデビマブを投与すると、通常ケアと比較して入院が少なく症状改善までの日数が短く、死亡は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022APR 14
感染症

新型コロナウイルス感染症の入院患者に、ステロイドは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の入院患者にステロイドを投与しても、標準治療またはプラセボと比べ総死亡、有害事象はほぼ同等で、酸素需要がない患者では総死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022APR 11
感染症

新型コロナウイルス感染症の入院患者では、静脈血栓症の予防薬はどれくらいの用量を使用すればよいですか?


血栓症のリスクが高い新型コロナウイルス感染症の入院患者に、治療用量のヘパリンを投与すると、標準的予防用量または中間用量のヘパリンの投与と比べ静脈血栓塞栓症、動脈血栓塞栓症または総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022APR 07
感染症

中等症の新型コロナウイルス感染症の入院患者では、静脈血栓症の予防薬はどれくらいの用量を使用すればよいですか?


D-ダイマー上昇を認める中等症の新型コロナウイルス感染症の入院患者に、治療用量のヘパリンを投与すると、予防用量のヘパリンと比べ28日以内の集中治療室入室、非侵襲的および侵襲的補助換気、または死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022MAR 24
感染症

新型コロナウイルス感染症の入院患者では、静脈血栓症の予防目的の標準的な用量と比べてより多い用量の血栓症の予防薬を使用したほうがよいですか?


新型コロナウイルス感染症の入院患者に、中間用量または治療用量の抗凝固療法を行っても、標準的予防用量の抗凝固療法と比べ総死亡は同等で、重大出血が多い

さらに詳しく