Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021OCT 18
感染症

新型コロナウイルス感染症の血栓予防に用いる抗凝固薬は標準用量より多めの方が良いですか?


集中治療室に入室した新型コロナウイルス感染症の患者に、標準用量を超える中間用量の予防的抗凝固療法を行っても、標準用量の予防的抗凝固療法と比べ、静脈または動脈血栓症、体外式膜型人工肺(ECMO)による治療または総死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021OCT 14
予防接種

新型コロナウイルスワクチンで、新型コロナウイルス感染症は予防できますか?


新型コロナウイルスmRNAワクチンやアデノウイルスベクターワクチンを接種すると、プラセボと比べ新型コロナウイルス感染症の発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021SEP 30
その他

精神療法で子どもや思春期の患者の自傷行為は予防できますか?


小児または思春期の患者に折衷療法、弁証法的行動療法、メンタライゼーションに基づく治療、簡易介入などの精神療法を行うと、通常のケアと比べ自傷行為が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021SEP 16
がん検診

卵巣がん検診で卵巣がんによる死亡は予防できますか?


50~74歳の閉経後女性に、血清CA125を用いたリスク評価に基づく卵巣がんマルチモーダル検診、あるいは経膣超音波による卵巣がん検診を実施しても、検診をしない場合と比べ、卵巣がんによる死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021SEP 13
感染症

新型コロナウイルス感染症の予防にジョンソン&ジョンソン社のウイルスベクターワクチンは効果がありますか?


新型コロナウイルスウイルスベクターワクチン(Ad26.COV2.S)を接種すると、プラセボと比べ接種後14日および28日以降に発症した中等症以上の新型コロナウイルス感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 23
感染症

体調が悪化した高齢者に在宅で入院レベルのケアを提供すると、在宅生活を続けることができますか?


状態悪化による入院目的で紹介された高齢者に、在宅で高齢者総合的機能評価と入院レベルのケアを実施すると、入院した場合と比べ6ヵ月後の在宅生存は、ほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 05
糖尿病

新しい糖尿病の薬はメトホルミンを併用しなくても心臓病や脳卒中の予防に効果がありますか?


2型糖尿病患者にメトホルミンを併用せずにSGLT2阻害薬またはGLP1受容体作動薬を投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 19
感染症

発症早期の吸入ステロイドで新型コロナウイルス感染症の重症化は予防できますか?


発症7日以内の軽症新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者に、ブデソニド吸入薬を投与すると、通常のケアと比べCOVID-19関連の救急外来受診または入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 03
その他

手術前に認知エクササイズを行うと、手術後のせん妄は予防できますか?


手術前に認知エクササイズを行うと、通常の活動と比べ、術後せん妄の発症が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021MAY 17
心疾患

心臓病や脳卒中になったことがない人がコレステロールを下げる薬や複数の血圧を下げる薬が入ったポリピルを飲むと心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管疾患の既往がない心血管リスクが中等度の人にシンバスタチン、アテノロール、ヒドロクロロチアジド、ラミプリルを含有するポリピルとアスピリンを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 10
心疾患

糖尿病治療薬のエンパグリフロジンは心不全の悪化予防に効果がありますか?


心不全患者にエンパグリフロジンを投与すると、プラセボ投与に比べて、心不全増悪による入院、または心血管死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021APR 29
その他

飲酒運転予防キャンペーンで、若者の飲酒運転による交通事故は予防できますか?


飲酒運転の検問と集中的取り締まり、バーや飲食店での酔っ払い客への酒の提供を抑制するおとり捜査と広報活動による飲酒運転予防キャンペーンを実施すると、15~30歳の夜間単独自動車事故が少ない

さらに詳しく