Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021OCT 11
心疾患

心房細動の早期治療には何がよいですか?


リズムコントール療法はレートコントロールに比べて、心血管死や脳卒中、心不全増悪による入院や急性冠症候群が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 20
心疾患

生体弁による手術後の心房細動に新しい血液を固まりにくくする薬は効果がありますか?


生体僧帽弁置換術後の心房細動患者にリバーロキサバンを投与すると、ワルファリンと比べ死亡、心血管イベント、重大出血までの期間が同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 03
心疾患

心房細動の心拍数のコントロールには、どんな薬を使うとよいですか?


心房細動の患者にジゴキシンを投与すると、ビソプロロールと比べ6ヵ月後の生活の質はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 15
脳卒中

80歳以上の心房細動患者にも脳卒中予防のための薬(抗凝固薬)を使った方が良いですか?


80歳以上の非弁膜性心房細動患者に、低用量でエドキサバンを投与すると、プラセボと比べて脳卒中および全身塞栓症の発症が少なく、大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020DEC 03
感染症

細気管支炎の退院後は、フォローアップのために予約受診をしたほうが安心ですか?


細気管支炎で入院した患児の退院後に、必要時のみフォローアップで受診しても、退院後4日以内の予約受診によるフォローアップと比べ親の不安スコアは同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 16
心疾患

心房細動では心臓の血管の病気をした後もしくは術後、どの血液を固まりにくくする薬がよいですか?


急性冠動脈症候群もしくは経皮的冠動脈形成術(PCI)を受けた後(または両方)でP2Y12阻害薬を服用している心房細動患者にアピキサバンもしくはアスピリンを投与すると、ビタミンK拮抗薬もしくはプラセボと比較してアピキサバンのほうが出血は少なく、アスピリンでは多い

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019SEP 02
脳卒中

卵円孔開存がある原因不明の脳卒中では、手術をしたほうがよいですか?


卵円孔開存がある原因不明の脳卒中患者に、抗血小板療法に加えて卵円孔閉鎖術を行うと、脳梗塞は抗血小板療法のみと比べて少なく、また、抗凝固療法のみと比べて少ない傾向にあるが、薬物療法と比べて、持続性心房細動とデバイス関連有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAR 04
心疾患

心房細動と心不全がある人にカテーテルアブレーションは効果がありますか?


心房細動と心不全がある患者にカテーテルアブレーションを行うと、薬物療法と比べ、総死亡及び心不全悪化による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 13
感染症

乳児の重症細気管支炎に鼻カニューレ高流量酸素療法は効果がありますか?


酸素補給療法を必要とする細気管支炎の乳児に、鼻カニューレ高流量酸素療法を行うと、標準酸素療法と比べ、治療失敗による治療の段階的増強が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018SEP 03
心疾患

心房細動がある人では、心臓のステント治療後の血栓をできにくくする薬は2種類でもよいですか?


経皮的冠動脈形成術後の心房細動患者に、ダビガトラン、クロピドグレルまたはチカグレロルを投与すると、ワーファリン、アスピリン、クロピドグレルまたはチカグレロルの投与比べて出血が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUN 25
脳卒中

心房細動に左心耳閉鎖術は効果がありますか?


心房細動患者に左心耳閉鎖術を行うと、ワルファリンの投与と比べ脳卒中、全身性塞栓症、心血管または原因不明の死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAR 15
脳卒中

腎臓病の人では、新しい血液を固まりにくくする薬はワルファリンより効果がありますか?


中等度の腎機能障害のある非弁膜症性心房細動の患者に直接経口抗凝固薬(DOAC)を投与すると、ワルファリンの投与と比べ脳卒中、全身性塞栓症、大出血が少ない傾向にある

さらに詳しく