Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUL 18
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者が歌を歌うと、健康に良い影響がありますか?


慢性閉塞性肺疾患の患者に、オンラインで歌を歌いながら呼吸のコントロールや運動を行うプログラム(Singing for lung health)を実施すると、通常のケアと比べて、身体面の健康関連QOLの改善が大きいが、精神面の健康関連QOLはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUL 11
糖尿病

心不全と肥満および糖尿病がある患者にセマグルチドを投与すると、心不全関連症状や身体機能制限は改善しますか?


左室駆出率が維持された心不全と肥満、および2型糖尿病を有する患者にセマグルチドを投与すると、プラセボの投与と比べて、心不全関連症状・身体機能制限スコアの改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024JUL 08
アレルギー

アレルギー性鼻炎に薬用植物(ハーブ)は効果がありますか?


アレルギー性鼻炎の患者に薬用植物を投与すると、全般的鼻症状、鼻炎結膜炎QOLスコアの改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024JUN 24
心疾患

心不全患者にSGLT2阻害薬を投与すると、運動機能や生活の質は改善しますか?


心不全患者にSGLT2阻害薬を投与すると、プラセボと比べ最高酸素摂取量が大きく、6分間歩行距離が長く、生活の質の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUN 17
その他

虚弱高齢者のメンタルヘルスに、ラジオ体操は良い影響がありますか?


虚弱(フレイル)または前虚弱(プレフレイル)高齢者が栄養指導に加えてラジオ体操を実施しても、栄養指導のみの実施と比べて、健康関連の生活の質のメンタルドメインスコアの変化は、ほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUN 13
心疾患

心筋梗塞の患者に、エンパグリフロジンは効果がありますか?


急性心筋梗塞で入院した心不全のリスクがある患者にエンパグリフロジンを投与しても、プラセボの投与と比べて、心不全による入院または総死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024MAY 06
うつ病

うつ病の症状緩和に運動は効果がありますか?


うつ病の患者がウォーキング・ジョギング、ヨガ、有酸素運動、筋力トレーニング、太極拳・気功などの運動を実施すると、うつ病の症状の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024APR 08
その他

多発性硬化症の胃腸症状に、生姜サプリメントは効果がありますか?


再発寛解型多発性硬化症の患者に生姜サプリメントを投与すると、プラセボの投与と比べて、便秘、嘔気の頻度・重症度の改善が大きく、腹部膨満の頻度・重症度、腹痛の重症度の改善が大きい傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024MAR 25
心疾患

24時間以内のショートステイユニットでのケアは、急性心不全に効果的ですか?


低リスクの急性心不全で救急外来を受診した患者に、24時間以内のショートステイユニットにおけるケアを行うと、入院と比べて、30日後の生活の質はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024MAR 21
冠動脈疾患

狭心症の治療薬を使用していない安定狭心症の患者に、心臓カテーテル治療は効果がありますか?


狭心症の治療薬を使用していない高度冠動脈狭窄を有する安定狭心症の患者に対して、経皮的冠動脈形成術(PCI)を実施すると、プラセボの処置と比べて、狭心症症状スコアの改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024MAR 18
心疾患

心不全および糖尿病の患者では、SGLT2阻害薬に効果や副作用の違いはありますか?


心不全を有する2型糖尿病患者にSGLT2阻害薬(カナグリフロジン、ダパグリフロジン、エンパグリフロジン)を投与すると、標準治療と比べて、心血管死亡または心不全による入院が少なく、カナグリフロジンを投与するとダパグリフロジンと比べて、心血管死亡または心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024MAR 11
その他

不眠に対する精神療法や薬物療法は、日中の症状にも効果がありますか?


不眠の患者に行動療法を実施すると、ゾルピデムの投与と比べて、気分障害の改善が大きいが、他の日中の機能の改善はほぼ同等である

さらに詳しく