Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021MAY 27
高血圧

血圧をしっかり下げる治療を受けると立ちくらみは増えますか?


厳格な血圧管理療法を行っても、標準的な降圧療法と比べて起立性低血圧は増えず、むしろ少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2021MAY 06
喘息

喘息の薬は学校で吸入する仕組みにしたほうがよいですか?


通学中の小児喘息患者が、ステロイドの吸入薬を学校管理下で使用しても、通常ケアと比較して喘息の症状コントロールはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 08
感染症

新型コロナウイルス感染症にトシリズマブは効果がありますか?


人工呼吸管理を受けていない新型コロナウイルス感染症の入院患者に、標準治療に加えてトシリズマブを投与すると、プラセボと比べ28日以内の人工呼吸管理または死亡が少ないが、死亡が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021JAN 21
喘息

喘息の管理はどのようにすればよいですか?


喘息の状態確認と治療方針の検討のために定期的に医療者に面会または定期受診をすると、喘息による入院や緊急受診が少なく、QOLも高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 05
感染症

早産児のRSウイルス感染症の予防に、1回だけ注射するモノクローナル抗体は効果がありますか?


早産児にニルセビマブを筋肉注射すると、プラセボを筋肉注射した場合と比べ、RSウイルスに関連した下気道感染による受診または入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 27
痛み

椎間板ヘルニアによる慢性の坐骨神経痛に手術は効果がありますか?


腰椎椎間板ヘルニアによる慢性の坐骨神経痛患者に、顕微鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術を行うと、保存的治療と比べ6ヵ月後の下肢痛が小さい

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020FEB 06
その他

髄液検査は超音波で確認してから行ったほうがよいですか?


超音波補助下腰椎穿刺を行うと、体表ランドマークに基づいた腰椎穿刺と比べ腰椎穿刺の成功が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019AUG 05
喘息

喘息が悪化したときは、吸入ステロイドの量を増やしたほうがよいですか?


喘息悪化時に吸入ステロイドの用量を4倍にすると、通常の自己管理と比べステロイドの全身投与または予定のない医療機関受診を要する喘息悪化が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUL 18
喘息

学校の管理で喘息の吸入治療を行うと、喘息のコントロールはよくなりますか?


喘息の小児に学校管理下に喘息の吸入治療を行っても、通常のケアと比べ喘息コントロールスコアは同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 30
感染症

胆のう炎は、胆のうを摘出してしまったほうがよいですか?


APACHE II により高リスクと判断された急性結石性胆嚢炎患者に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施すと、経皮的カテーテル胆嚢ドレナージを施す場合と比較して、1年以内の死亡は少ない傾向にあり、主要合併症の発症は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019MAR 25
心疾患

心肺蘇生の気道管理は、気管挿管より挿入が簡単なチューブを使ったほうがよいですか?


高度の気道管理が必要と想定される院外心停止の患者に気道管理として最初にラリンジアルチューブを使用すると、気管挿管と比べ72時間後の生存が多い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2019FEB 04
その他

早産児の死亡と気管支肺異形成症を予防するには、どのような呼吸管理方法がよいですか?


在胎週数が33週未満の早産児に生後24時間以内に低侵襲性的界面活性剤投与(LISA)を実施すると、ほかの呼吸管理法と比較して死亡および気管支肺異形成症が少ない

さらに詳しく