Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024FEB 22
うつ病

うつ病に、エスシタロプラムは他の抗うつ薬よりも効果がありますか?


大うつ病性障害の患者にエスシタロプラムを投与すると、他の抗うつ薬の投与と比べて、急性期における治療に対する反応が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 19
心疾患

症状がない短時間の心房細動でも、血栓を予防する治療を始めたほうがよいですか?


無症候性心房細動の患者にアピキサバンを投与すると、アスピリンの投与と比べ、脳卒中または全身性塞栓症が少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 12
その他

再発を繰り返している精神病でも、抗精神病薬の減量を考慮することはできるでしょうか?


再発性の統合失調症または非感情性精神病性障害の患者において、抗精神病薬を徐々に減量すると、抗精神病薬の維持と比べ24ヵ月後の社会機能は同等であるが、入院が必要な重篤な増悪が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024JAN 15
アレルギー

花粉症の治療では、プラセボと分かってプラセボを服用しても、効果がありますか?


季節性アレルギー性鼻炎患者にプラセボを非盲検で投与すると、通常の治療と比べて、鼻炎症状や生活の質(QOL)が改善する

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024JAN 08
痛み

従来型の疾患修飾性抗リウマチ薬の中でも、効果に優れた薬剤はどれですか?


関節リウマチ患者に、経口メトトレキサートを投与する場合と比べて、プラセボの投与では圧痛関節数は5.18箇所増え、シクロホスファミドの投与では6.08箇所減少し、糖質コルチコイドの投与では2.54箇所増える傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024JAN 04
認知症

早期の認知症に、運動と日常生活における機能訓練プログラムは効果がありますか?


早期認知症または軽度認知障害を有する人に、運動と日常生活における機能訓練を行うリハビリテーションプログラムを実施しても、転倒リスクの評価および通常のケアと比べて、12ヵ月後の日常生活動作の障害はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023DEC 21
アレルギー

アレルギー性鼻炎に最も有効性が期待できる経口抗ヒスタミン薬はどれですか?


アレルギー性鼻炎の患者にルパタジンを投与すると、プラセボおよび他の抗ヒスタミン薬と比べて、鼻炎の総症状スコアの改善が最も大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023DEC 11
感染症

新型コロナウイルス感染症の罹患後の嗅覚障害に、ガパペンチンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症(Covid-19)罹患後に嗅覚障害を有する成人にガバペンチンを投与しても、プラセボと比べて、味覚の改善割合は同程度である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023DEC 04
予防接種

新型コロナウイルスワクチンは5歳未満の幼児にも効果がありますか?


健常な生後6ヵ月から4歳までの乳幼児に、ファイザー・ビオンテック社製の新型コロナウイルスワクチン(BNT162b2)を、合計3回接種すると、プラセボの接種と比べて症候性の新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の発生が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023NOV 30
心疾患

心房性頻拍エピソードの患者では、血栓を予防する治療を始めたほうがよいですか?


心房細動の既往がない心房性頻拍エピソードを認める患者にエドキサバンを投与しても、プラセボと比べ心血管死亡、脳卒中または全身性塞栓症はほぼ同等であり、総死亡または重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023NOV 27
脳卒中

脳梗塞を発症した人に、イチョウ葉エキスに含まれる成分は効果がありますか?


急性期脳梗塞の患者にイチョウジテルペンラクトンメグルミン(Ginkgo diterpene lactone meglumine:GDLM)を投与すると、プラセボの投与と比べて、90日後の明らかな障害がない患者の割合が大きい

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023NOV 16
COPD

COPD患者が吸入ステロイド治療薬を使っていると、骨折は増えますか?


慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者に、ステロイドを配合した吸入薬を使用すると、ステロイドを含まない吸入薬の使用と比べて、骨折が増える

さらに詳しく