Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021APR 29
その他

飲酒運転予防キャンペーンで、若者の飲酒運転による交通事故は予防できますか?


飲酒運転の検問と集中的取り締まり、バーや飲食店での酔っ払い客への酒の提供を抑制するおとり捜査と広報活動による飲酒運転予防キャンペーンを実施すると、15~30歳の夜間単独自動車事故が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 15
痛み

手術を検討している手根管症候群の患者に教育、夜間シーネ固定、自宅運動プログラムは効果がありますか?


手術目的で整形外科を紹介されて受診前待機している手根管症候群の患者に、グループセッションによる教育とその後の夜間シーネ固定、自宅運動プログラムを実施すると、介入なしと比べ手術への移行が少なく、6週後の症状の改善が多く、24週後の症状の改善が多い傾向にあり、患者満足度が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 07
心疾患

血液を固まりにくくする薬の2剤併用による心臓病や脳卒中の予防効果は、糖尿病の有無で変わりますか?


冠動脈疾患または末梢動脈疾患の既往がある患者にアスピリンに加えてリバーロキサバンを投与すると、アスピリン単独投与に比べて、糖尿病の有無に関わらず心血管死亡、脳卒中、心筋梗塞は少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019MAY 27
痛み

夜間に脚がつる人ではマグネシウムを飲んだ方がよいですか?


夜間こむらがえりのある成人にマグネシウム製剤を投与しても、プラセボと比較して1週間あたりのこむらがえりの回数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 09
脳卒中

急性期の脳卒中に酸素は効果がありますか?


低酸素血症がない急性期の脳卒中患者に低流量酸素を投与すると、酸素投与なしと比べ90日後の機能障害は同等であり、継続的な酸素投与と夜間のみの酸素投与を比べても同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 15
認知症

認知機能に障害がある人に対して高照度光療法は効果がありますか?


軽度認知機能障害または認知症を有する人に高照度光療法を行うと、行動障害が少なく、夜間の睡眠時間が長く、うつ症状が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017SEP 04
その他

男性の頻尿には2種類の薬を合わせて使ったほうがよいですか?


良性前立腺肥大の男性でイミダフェナシンとアルフゾシンを合わせて投与するほうが、アルフゾシン単独と比較して1日の排尿回数が統計学的には少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2017JUN 08
脳卒中

脳卒中の急性期に機械的血栓除去療法は効果がありますか?


脳梗塞急性期において、標準治療単独と比べて機械的血栓除去療法は良好な機能予後が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 17
喘息

吸入ステロイドと長時間作用型気管支拡張薬の合剤は、安全性に問題がありますか?


小児の喘息患者にフルチカゾンとサルメテロールの合剤を投与すると、フルチカゾン単独の投与と比較して喘息の増悪は少ない傾向にあるが、喘息による入院は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2016JUN 09
その他

重症の急性アルコール性肝炎では、ステロイドとNアセチルシステインを併用したほうがよいですか?


重症の急性アルコール性肝炎に、ステロイドとNアセチルシステインを併用すると、ステロイド単独に比べて6ヵ月以内の死亡は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016APR 14
心疾患

心房細動に対する左心耳閉鎖術は、ワルファリンより効果がありますか?


心房細動患者にデバイスを用いた経皮的左心耳閉鎖術を行うと、ワルファリンに比べて、心血管疾患が少ないが、事故は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016JAN 28
痛み

鎮痛剤は合剤のほうが膝の痛みに効果がありますか?


慢性膝関節痛にパラセタモール・イブプロフェン合剤は、パラセタモール単独より痛みが少ない傾向にある

さらに詳しく