Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021SEP 09
感染症

新型コロナウイルス感染症にステロイドは効果がありますか?


中等症から重症の新型コロナウイルス感染症の患者にステロイドを投与すると、プラセボまたは通常のケアと比べ総死亡、人工呼吸器の使用が少なく、感染合併が少ない傾向にあるが、重篤な有害事象は同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021SEP 06
感染症

新型コロナウイルス感染症などによる急性呼吸促拍症候群(ARDS)にステロイドは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者を含む急性呼吸促拍症候群(ARDS)患者にステロイドを投与すると、プラセボまたは通常のケアと比べ28日後の総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 23
感染症

体調が悪化した高齢者に在宅で入院レベルのケアを提供すると、在宅生活を続けることができますか?


状態悪化による入院目的で紹介された高齢者に、在宅で高齢者総合的機能評価と入院レベルのケアを実施すると、入院した場合と比べ6ヵ月後の在宅生存は、ほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 16
感染症

新型コロナウイルス感染症に回復期血漿は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の入院患者に、回復期血漿を投与すると、標準的ケアまたはプラセボと比べ、総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 07
感染症

新型コロナウイルス感染症の重症患者にIL-6受容体拮抗薬は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の重症患者にトシリズマブまたはサリルマブを投与すると、標準的ケアと比べ21日以内の臓器不全に対する支持療法を必要としない日数が多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUL 29
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者に抗菌薬の予防的投与は効果がありますか?


慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者に抗菌薬の予防的投与を行うと、プラセボまたは標準的ケアと比べ、マクロライド系ではCOPD増悪が少なく、生活の質の改善が大きく、重篤な有害事象が少ないが、テトラサイクリン系ではCOPD増悪、生活の質の改善はほぼ同等、キノロン系ではCOPD増悪はほぼ同等で生活の質の改善が大きく、重篤な有害事象はほぼ同等で、マクロライド系とテトラサイクリン系の併用では重篤な有害事象はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2021JUL 15
その他

75歳以上の高齢者でも入院中はしっかりとリハビリを受けたほうがよいですか?


75歳以上の入院急性期の患者に、入院時から中強度の抵抗運動リハビリを行うと、通常ケアと比べてバランス能力、歩行速度、脚力、ADLが向上する

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUL 10
感染症

新型コロナウイルス感染症にインターフェロンβは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症で入院した患者に、標準的ケアに加えてインターフェロンβを投与すると、標準的ケアのみと比べ退院が多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUL 05
冠動脈疾患

コレステロールを下げる薬は高齢者でも効果がありますか?


75歳以上の高齢者にスタチン、または高用量のスタチンを投与すると、プラセボや通常ケア、または低用量のスタチンと比べて心血管イベント、冠動脈イベントは少ないが、冠動脈血行再建術、脳卒中、心血管死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 19
感染症

発症早期の吸入ステロイドで新型コロナウイルス感染症の重症化は予防できますか?


発症7日以内の軽症新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者に、ブデソニド吸入薬を投与すると、通常のケアと比べCOVID-19関連の救急外来受診または入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2021MAY 06
喘息

喘息の薬は学校で吸入する仕組みにしたほうがよいですか?


通学中の小児喘息患者が、ステロイドの吸入薬を学校管理下で使用しても、通常ケアと比較して喘息の症状コントロールはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAR 18
その他

摂食障害にデジタル認知行動療法は効果がありますか?


神経性食思不振症以外の摂食障害の女子大学生にデジタル認知行動療法を実施すると、カウンセリングセンターを紹介する通常のケアと比べ全般的精神病理スコアの改善が大きい

さらに詳しく