Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2015年発表
2016FEB 01
高血圧

軽症の高血圧症では、降圧薬を飲んだほうがよいですか?


心血管疾患のない軽症の高血圧症患者に、降圧薬を投与すると、脳卒中や死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
2015JAN 19
糖尿病

新しい糖尿病の薬DPP4阻害薬は、心臓病や脳卒中などの合併症を予防できますか?


リスクが高い2型糖尿病患者にサキサグリプチンを投与しても、心血管イベントはプラセボと同等であり、心不全による入院や重度の低血糖が多く、死亡が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016JUL 21
脳卒中

脳卒中は発症後すぐにリハビリを始めたほうがよいでしょうか?


脳卒中発症後24時間以内にリハビリテーションを行っても、機能が良好な人の割合は少なく、死亡が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016APR 28
糖尿病

糖尿病で血圧を下げたい場合、どんな薬がよいでしょうか?


糖尿病にACEIまたはARBを投与すると、その他の降圧薬に比べて、心筋梗塞、狭心症、心不全は少ない傾向にあるが、総死亡、心血管死亡、脳卒中、血行再建術、末期腎不全はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2015FEB 09
脳卒中

アンジオテンシン受容体拮抗薬で、心筋梗塞は増えますか?


アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)を投与すると、脳梗塞は少ないが、心筋梗塞、総死亡、心血管死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
2016DEC 19
冠動脈疾患

高齢者でも血圧を下げたほうがよいでしょうか?


75歳以上の高齢者に収縮期血圧120mmHg未満を目標とした集中的な降圧治療を行うと、収縮期血圧140mmHg未満を目標とした標準的な降圧治療と比較して心血管疾患が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
2014OCT 06
糖尿病

新しい経口糖尿病治療薬(DPP4阻害薬)を飲むと、糖尿病による心筋梗塞や脳卒中は防げますか?


急性冠症候群後の2型糖尿病患者にアログリプチンを投与しても、心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中はプラセボと同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015DEC 14
脳卒中

急性期の脳卒中では、体温や血糖、嚥下障害の管理をしっかりしたほうがよいのでしょうか?


多職種教育プログラムにより体温、血糖、嚥下障害の管理を行うと、90日以内の死亡または後遺障害が少なく、身体的な生活の質も高いが、精神的な生活の質や日常生活動作はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 16
脳卒中

脳梗塞を起こしたら、脳卒中予防のために抗血小板薬をのんだほうがよいのでしょうか?


ラクナ梗塞の後に抗血小板薬を投与すると、脳卒中の再発が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015SEP 28
脳卒中

血液を固まりにくくする薬リバーロキサバンは、これまでのワルファリンより効きますか?


中等度から高リスクの心房細動患者にリバーロキサバンを投与すると、脳卒中または全身性塞栓症の発症はワルファリンとほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
2015MAY 25
脳卒中

脳卒中患者への早期退院支援は、通常のケアより効果的ですか?


脳卒中患者に対して早期退院支援を行うと、通常ケアよりも機能障害が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JUN 30
副作用

血液を固まりにくくする薬エドキサバンはこれまでのワルファリンより効きますか?


中等度から高リスクの心房細動患者にエドキサバンを投与すると、脳卒中または全身性塞栓症の発症はワルファリンに比べて同等で重大な出血は少ない

さらに詳しく