Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016JAN 14
がん検診

難治性の大腸がんに効果のある薬はありますか?


治療抵抗性の大腸がんに、トリフルリジンとチピラシル塩酸塩の配合剤を投与すると、生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
2015FEB 02
がん検診

マンモグラフィーによる乳がん検診はしたほうがよいですか?


マンモグラフィーによる乳がん検診を行っても、乳がん死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
2015AUG 03
脂質異常症

ω-3脂肪酸サプリメントを摂取すると、がんの発生を予防できるのでしょうか?


ω-3脂肪酸サプリメントを摂取すると、総死亡は同等であるが、がんの発生が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2009年発表
2011JUN 13
がん検診

肺がん検診のCT検査は、受けたほうがよいでしょうか?


CTによる肺がん検診を受けても、診察のみと比べて肺がんによる死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2015DEC 03
がん

治療抵抗性の甲状腺がんにレンバチニブは効きますか?


ヨウ素放射線治療に抵抗性の甲状腺がんにレンバチニブを投与すると、無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
メタ分析 2014年発表
CMEC Article
2015APR 13
感染症

まだ症状がないピロリ菌感染者にピロリ菌の除菌治療をすると、胃がんは予防できますか?


無症候性のピロリ菌感染患者にピロリ菌除菌を行うと、胃がんの発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
2014NOV 03
がん検診

便潜血検査による大腸がん検診を受けたほうがよいですか?


便潜血検査による大腸がん検診を受けると、受けない場合に比べて大腸がんによる死亡は少ないが、総死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2015NOV 19
がん

高齢者肺がんでは、2種類の抗がん剤を投与したほうがよいのでしょうか?


高齢の進行性もしくは転移性の非小細胞肺がん患者に、カルボプラチンとパクリタキセルの併用による化学療法を行うと、1種類の抗がん剤による治療に比べて生存期間が長いが、重篤な副作用が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2015JAN 15
がん検診

PSA検診を受けると、前立腺がんによる死亡を防げますか?


PSA(Prostate Specific Antigen:前立腺特異抗原)によるがん検診を受けると、前立腺がんによる死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2016FEB 11
がん

前立腺がんに、アンドロゲン除去療法は効果がありますか?


前立腺がん患者にアンドロゲン除去療法を実施すると、心血管疾患による死亡はほぼ同等だが、前立腺がんによる死亡は少なく、総死亡も少ない

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
2013DEC 02
がん検診

マンモグラフィーによる乳がん検診を受けたほうがよいでしょうか?


マンモグラフィーによる乳がん検診を実施しても、全がん死亡、総死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
2012APR 23
がん検診

低線量CT による検診で、肺がんによる死亡を防げますか?


低線量CT による検診を受けると、肺がんによる死亡が少ない

さらに詳しく