Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2015OCT 29
冠動脈疾患

心機能が低下している冠動脈疾患にはバイパス手術をしたほうがよいですか?


心機能が低下した冠動脈疾患患者に、通常の薬物治療に加え冠動脈バイパス手術を行うと、臨床的な生活の質(QOL)の改善が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
2013OCT 21
喘息

喘息に対する吸入ステロイドは毎日使用したほうがよいですか?


吸入ステロイドを喘息の増悪時に間欠的に使用すると、毎日使用した場合に比べて喘息の悪化は多い傾向にあり、副作用が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2014DEC 04
脳卒中

高齢者の脳梗塞では、すぐに減圧開頭術をしたほうがよいですか?


中大脳動脈梗塞を発症した高齢者に48時間以内に減圧開頭術を実施すると、保存的に治療した場合に比べて生存割合が多いが、介助を必要とする障害者が多い

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2015NOV 30
冠動脈疾患

非ST上昇型急性冠症候群に早期の血行再建は有効ですか?


非ST上昇型急性冠症候群に対する早期の血行再建は、待機的血行再建と比べて、死亡も心筋梗塞の再発も同等である

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
CMEC Article
2012OCT 04
感染症

細菌性髄膜炎にステロイド投与は有効ですか?


細菌性髄膜炎にデキサメタゾンを追加投与しても死亡はプラセボとほぼ同等で、死亡または重度の神経学的後遺症、死亡または全ての神経学的後遺症、死亡または重度の両側性難聴は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JUN 12
冠動脈疾患

冠動脈の狭窄には、予防的にカテーテル治療したほうがよいですか?


多枝病変のあるST上昇型急性心筋梗塞患者に、梗塞病変に加えて狭窄部にも予防的に経皮的冠動脈形成術を行うと、心血管死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2014JUL 28
冠動脈疾患

冠動脈狭窄には、手術とステント治療のどちらがよいでしょうか?


左冠動脈主幹部狭窄患者に経皮的冠動脈インターベンションを行うと、冠動脈バイパス術に比べて心臓または脳血管イベントはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016APR 14
心疾患

心房細動に対する左心耳閉鎖術は、ワルファリンより効果がありますか?


心房細動患者にデバイスを用いた経皮的左心耳閉鎖術を行うと、ワルファリンに比べて、心血管疾患が少ないが、事故は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 02
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化後にマスクを用いた人工呼吸器を使うと、再入院や死亡は予防できますか? 


非侵襲的陽圧換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後で高二酸化炭素血症が残存する患者に在宅酸素療法に加え非侵襲的陽圧換気を行うと、在宅酸素療法のみと比べ再入院または死亡までの期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016MAR 14
感染症

肺炎の入院時に副腎皮質ステロイドで早く体調が回復しますか?


市中肺炎の治療に副腎皮質ステロイドを加えると、臨床的な安定までの期間が短い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017DEC 14
痛み

慢性の腰痛に神経痛の治療薬は効果がありますか?


慢性腰痛患者にガバペンチンを投与してもプラセボと比べ痛みは同等であり、めまい、倦怠感、思考力の低下、視覚障害が多く、プレガバリンを投与すると他の鎮痛薬と比べ痛みが強く、めまいが多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 27
冠動脈疾患

安定狭心症に心臓カテーテル治療は効果がありますか?


高度冠動脈狭窄のある安定狭心症の患者に経皮的冠動脈形成術(PCI)を実施すると、プラセボの処置と比べ運動継続可能時間が長い傾向にある

さらに詳しく