Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2015JUN 04
感染症

小児細気管支炎に高張食塩水の吸入で、呼吸器症状は改善しますか?


2歳以下の小児細気管支炎患者に高張食塩水の吸入を行っても、生理食塩水の吸入と比べて、呼吸器症状の改善は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
2011FEB 07
その他

自宅で末期療養中に、酸素投与をしたほうがよいですか?


終末期患者に酸素投与をしても空気投与と比べて呼吸困難感は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017AUG 07
がん

ニラパリブは卵巣がんの再発に効果がありますか?


プラチナ製剤感受性の再発性卵巣がんにニラパリブを投与すると、無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016MAY 19
冠動脈疾患

心筋梗塞後に新しい抗血小板薬チカグレロルは効果がありますか? 


心筋梗塞後の患者にチカグレロルを投与すると、心血管死亡、心筋梗塞、脳卒中が少ないが、大出血と呼吸困難は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2015JUL 16
喘息

プラセボや偽鍼治療は、喘息の管理に効果がありますか?


喘息患者にプラセボや偽鍼治療を行うと、症状はサルブタモールと同等で、無治療より改善度が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2015DEC 03
がん

治療抵抗性の甲状腺がんにレンバチニブは効きますか?


ヨウ素放射線治療に抵抗性の甲状腺がんにレンバチニブを投与すると、無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 27
COPD

慢性閉塞性肺疾患では、3種類の薬が入った吸入薬を使ったほうがよいですか?


慢性閉塞性肺疾患患者に、ステロイド、ベータ刺激薬、抗コリン薬の合剤を吸入しても、ステロイド、ベータ刺激薬の合剤の吸入と比較して呼吸困難はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
CMEC Article
2013DEC 19
心疾患

呼吸困難の人には心機能マーカーの測定をしたほうがよいでしょうか?


救急外来を受診した急性呼吸困難患者にBNP測定検査を行うと、入院は少ない傾向にあるが、院内死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析 2014年発表
CMEC Article
2015APR 13
感染症

まだ症状がないピロリ菌感染者にピロリ菌の除菌治療をすると、胃がんは予防できますか?


無症候性のピロリ菌感染患者にピロリ菌除菌を行うと、胃がんの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016SEP 08
感染症

肺炎にはステロイドを使ったほうがよいのでしょうか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、総死亡とICU入室が少ない傾向にあり、人工呼吸器の使用、ARDSの発症が少なく、臨床的安定化までの時間が短いが、高血糖が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 02
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化後にマスクを用いた人工呼吸器を使うと、再入院や死亡は予防できますか? 


非侵襲的陽圧換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後で高二酸化炭素血症が残存する患者に在宅酸素療法に加え非侵襲的陽圧換気を行うと、在宅酸素療法のみと比べ再入院または死亡までの期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2017JUL 24
がん

進行した悪性黒色腫に新しい免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


進行した悪性黒色腫の手術後にイピリムマブを投与すると、プラセボの投与と比較して無再発生存が多いが、重篤な有害事象が多い

さらに詳しく