Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2010年発表
2010NOV 25
副作用

喘息に長期間吸入薬を使っても副作用はないのでしょうか?


長時間作動型β刺激薬を3ヵ月以上使用すると、ステロイド吸入の有無にかかわらず喘息関連死亡や気管内挿管が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2015JUL 09
冠動脈疾患

心臓のステント治療後は、2種類の抗血小板薬をどのくらい飲み続けたらよいのでしょうか?


12ヵ月以上の抗血小板薬2剤併用後にアスピリンのみにすると、アスピリンとクロピドグレルの併用と比較して心血管疾患は同等であり、大出血は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015JUN 01
副作用

肺塞栓症では血栓溶解療法を行ったほうがよいのでしょうか?


血栓溶解療法を行うと総死亡が少ないが、大出血は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016MAY 19
冠動脈疾患

心筋梗塞後に新しい抗血小板薬チカグレロルは効果がありますか? 


心筋梗塞後の患者にチカグレロルを投与すると、心血管死亡、心筋梗塞、脳卒中が少ないが、大出血と呼吸困難は多い

さらに詳しく
メタ分析2004年発表
2016JAN 18
サプリメント

サプリメントで消化管がんの発症は予防できますか?


βカロテン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、セレンを含む抗酸化サプリメントを摂取すると、消化管がんの発症はほぼ同等であるが、総死亡は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2016JUL 11
感染症

ピロリ菌の除菌は機能性ディスペプシアに効果がありますか?


機能性ディスペプシアを有するピロリ菌感染患者に、ピロリ菌除菌療法を行うと、消化器症状が改善する患者の割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2015AUG 20
痛み

腰部脊柱管狭窄症に、ステロイドの硬膜外注射は効果がありますか?


足の痛みや機能障害を有する腰部脊柱管狭窄症患者に、ステロイドとリドカインの硬膜外注射をすると、リドカインのみの硬膜外注射に比べて、症状改善はほぼ同等であるが、副作用が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 27
冠動脈疾患

心臓冠動脈のステント留置は、どのくらいの期間2種類の血栓を防ぐ薬を飲めばよいでしょうか?


ステント留置後、抗血小板剤2剤併用療法を12ヵ月行った場合に比べ、12ヵ月未満では大出血は少ないが、12ヵ月超では心筋梗塞は少ないが、大出血や総死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
2017FEB 06
副作用

アスピリンに重篤な副作用はありますか?


アスピリンを投与すると、重篤な消化管出血、頭蓋外出血が多く、脳出血は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析 2011年発表
CMEC Article
2012JUL 19
喘息

喘息の吸入薬は、害がありますか?


気管支喘息患者に長時間作用型β2刺激薬を投与すると、喘息関連死・気管内挿管・入院が多い

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015FEB 19
副作用

深部静脈血栓症では、血液を固まりにくくする治療に加え血栓を溶かす治療を行ったほうがよいですか?


急性深部静脈血栓症患者に血栓溶解および抗凝固療法を行うと、1ヵ月以内の出血合併症が多く、脳卒中・脳出血や6ヵ月以内の死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
2010NOV 15
副作用

新しいタイプの痛みどめは胃腸への副作用が少ないですか?


セレコキシブは、ジクロフェナック徐放薬とオメプラゾールの併用と比べて消化管の副作用が少ないが、心血管疾患が多い傾向にある

さらに詳しく