Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2010年発表
2010NOV 25
副作用

喘息に長期間吸入薬を使っても副作用はないのでしょうか?


長時間作動型β刺激薬を3ヵ月以上使用すると、ステロイド吸入の有無にかかわらず喘息関連死亡や気管内挿管が多い

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2013MAR 18
アレルギー

子供の喘息には吸入ステロイドと抗ロイコトリエン薬のどちらがよいですか?


小児では、吸入ステロイドはモンテルカストに比べて喘息悪化が少ない

さらに詳しく
メタ分析2008年発表
2011DEC 19
COPD

COPDには吸入ステロイドを使ったほうがよいのでしょうか?


慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者に対し、吸入ステロイドによって死亡は少ない傾向にあるが、肺炎は多い

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2013OCT 10
COPD

COPDの吸入薬はどれを使ったらよいのでしょうか?


COPD患者に噴霧吸入抗コリン薬(チオトロピウム)を投与すると死亡が多く、長時間作動型β刺激薬‐吸入ステロイド合剤を投与すると死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
2015JAN 05
喘息

喘息に、ロイコトリエン拮抗薬は効果がありますか?


治療が必要な喘息患者にロイコトリエン拮抗薬を投与すると、吸入ステロイドと比べて、喘息関連QOLスコアは2ヵ月後では同等だが、2年後では低い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015DEC 17
COPD

COPDの悪化時にステロイドは何日間使ったらよいのでしょうか?


COPD急性増悪の患者に対して、7日以下のステロイド全身投与を行うと、7日を超える投与と比べて治療の失敗は少ない傾向にあり、再燃や有害事象はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析 2014年発表
2015MAY 11
副作用

小児喘息に吸入ステロイドを使うと子供の成長に影響がありますか?


小児の持続型喘息に吸入ステロイドを使用すると、使用しない場合に比べて、1年以上では0.48㎝身長の伸びが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016OCT 17
痛み

急性の筋肉痛に鎮痛薬の湿布や塗り薬は効果がありますか?


急性の筋骨格痛に外用非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を投与すると、プラセボに比べて疼痛緩和率が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
2011FEB 14
喘息

家庭で喘息の発作を起こしたとき、ステロイドを飲むと症状が軽くなりますか?


普段より重症と両親が判断した喘息発作の小児に対して、プレドニゾロンを内服させると症状が改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 17
喘息

吸入ステロイドと長時間作用型気管支拡張薬の合剤は、安全性に問題がありますか?


小児の喘息患者にフルチカゾンとサルメテロールの合剤を投与すると、フルチカゾン単独の投与と比較して喘息の増悪は少ない傾向にあるが、喘息による入院は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2015SEP 17
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪にステロイドは静注のほうがよいですか?


COPDの急性増悪に対してステロイド静注を投与すると、経口ステロイドに比べて治療失敗は少ない傾向にあるが、症状再燃はほぼ同等で、総死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2015AUG 06
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪にステロイドは効果がありますか?


COPDの急性増悪に全身ステロイドを投与すると、治療失敗が少なく、再燃は少ない傾向にあるが、総死亡は同等である

さらに詳しく