Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016JAN 21
感染症

鼻の奥にあるリンパ組織のアデノイド(咽頭扁桃)を切除すれば、かぜをひきにくくなりますか?


アデノイド切除術を受けても上気道感染症の発症はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
2015DEC 21
感染症

かぜや急性化膿性鼻炎には抗菌薬を飲んだほうがよいですか? 


抗菌薬を投与するとプラセボと比べて、かぜや急性化膿性鼻炎の症状の持続は少ないが、副作用が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
2015JUN 08
感染症

かぜの症状にかぜ薬のプラセボでも効果はありますか?


かぜの患者にプラセボを投与しても、薬なしと比べて症状持続期間や重症度は同等で、マスキングしない生薬のエキナセアも、マスキングしたエキナセアと比べて同等である

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2016FEB 22
感染症

プロバイオティクスの摂取でかぜは予防できますか?


プロバイオティクスを摂取すると上気道感染症の発症は少ないが、罹病期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2007年発表
2011JAN 24
感染症

解熱薬を飲むと、かぜは早く治るでしょうか?


上気道炎では、非ステロイド系解熱鎮痛薬を使ったほうが治癒期間は長い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
2013OCT 14
サプリメント

ビタミンCで、かぜは予防、治療ができますか?


ビタミンCサプリメントを定期的に摂取しているとかぜの発生が少ない傾向にあり、かぜ症状の持続日数は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014OCT 09
感染症

かぜではどんな解熱薬を使うようにアドバイスすればよいですか?


急性気道感染症に、アセトアミノフェン、イブプロフェンあるいはその両方を服用するようにアドバイスしても、重症度は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014SEP 04
感染症

かぜには水蒸気の吸入アドバイスをしたほうがよいですか?


急性気道感染症に水蒸気の吸入アドバイスをしても、アドバイスをしなくても、症状の重症度はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2005年発表
2011JAN 17
感染症

うがいでかぜは予防できるでしょうか?


上気道炎の発症は、水によるうがいでは少なく、ポビドンヨードによるうがいでは少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験1996年発表
2010SEP 06
感染症

かぜに抗菌薬は効くのでしょうか?


かぜ症状のある患者のうち、鼻咽頭培養陽性の場合には抗菌薬を投与すると治癒率が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014NOV 13
感染症

かぜでは解熱薬の服用方法をどのようにアドバイスすればよいですか?


急性気道感染症の患者に、解熱薬を定期的に服用するようアドバイスしても、必要に応じて服用するようアドバイスしても、症状の重症度はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2014JAN 27
感染症

小児のかぜの症状に、軟膏タイプのかぜ薬は効果がありますか?


かぜ症状のある小児に軟膏タイプのかぜ薬を塗布すると、夜間の咳や睡眠は改善するが、鼻漏症状はほぼ同等で、皮膚や目鼻の灼熱感が多い

さらに詳しく