Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2022JAN 24
認知症

アミロイドβを標的とした抗体治療薬(ドナネマブ)は、早期の認知症に効果がありますか?


早期のアルツハイマー型認知症の患者に、ドナネマブを投与すると、プラセボと比べ認知障害や機能障害の低下が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JAN 17
予防接種

シノバック社製の新型コロナウイルスワクチンで新型コロナウイルス感染症は予防できますか?


シノバック社製の新型コロナウイルス不活化ワクチン(CoronaVac)を接種すると、プラセボの接種と比べ、症候性の新型コロナウイルス感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021DEC 09
糖尿病

慢性腎臓病に対する新しい糖尿病の薬(SGLT2阻害薬)は、血糖の状態によって効果に違いがありますか?


慢性腎臓病患者にダパグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ、血糖正常の患者では腎・心血管イベントが少ない傾向にあり、前糖尿病および2型糖尿病の患者では腎・心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 18
糖尿病

新しい糖尿病の薬であるエフペグレナチドで心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管疾患の既往、もしくは慢性腎臓病と少なくとも1つの心血管危険因子がある2型糖尿病患者にエフペグレナチドを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 04
感染症

中国製の新型コロナウイルス不活化ワクチンで新型コロナウイルス感染症は予防できますか?


新型コロナウイルス不活化ワクチン(WIVO4またはHVO2)を接種すると、アジュバントのみと比べ症候性新型コロナウイルス感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021OCT 23
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


最近嗅覚障害を発症した新型コロナウイルス感染症の外来患者にベタメタゾン点鼻薬を点鼻しても、プラセボの点鼻と比べ嗅覚障害回復までの期間は同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021OCT 04
痛み

膝や股関節の変形性関節症に内服薬やサプリメントは効果がありますか?


変形性膝関節症または変形性股関節症の患者にグルコサミンまたはビタミンDを投与すると、プラセボと比べ疼痛の改善が大きいが、コンドロイチンを投与しても疼痛の改善は同等であり、グルコサミン、コンドロイチンまたはビタミンDを投与すると機能の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021SEP 25
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


最近嗅覚障害を発症した新型コロナウイルス感染症の外来患者にベタメタゾン点鼻薬を点鼻しても、プラセボの点鼻と比べ嗅覚障害回復までの期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021SEP 18
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


最近嗅覚障害を発症した新型コロナウイルス感染症の外来患者にベタメタゾン点鼻薬を点鼻しても、プラセボの点鼻と比べ嗅覚障害回復までの期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 26
痛み

変形性膝関節症に高強度筋力トレーニングは効果がありますか?


変形性膝関節症の患者に高強度筋力トレーニングを行っても、低強度筋力トレーニングまたは健康に関するワークショップを行う対照群と比べ18ヵ月後の膝関節痛は同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 05
糖尿病

新しい糖尿病の薬はメトホルミンを併用しなくても心臓病や脳卒中の予防に効果がありますか?


2型糖尿病患者にメトホルミンを併用せずにSGLT2阻害薬またはGLP1受容体作動薬を投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 02
糖尿病

糖尿病性神経障害にはどんな薬が有効ですか?


疼痛を伴う糖尿病性神経障害の患者にデュロキセチン、ミロガバリンまたはプレガバリンを投与するとプラセボまたはカルバマゼピンと比べ疼痛の50%以上の疼痛の改善が多く、ミロガバリンまたはプレガバリンを投与するとラモトリギンと比べ改善が多く、ノルトリプチリンを投与するとミロガバリンまたはプレガバリンと比べ改善が少ない

さらに詳しく