Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2021DEC 02
心疾患

冠動脈疾患や末梢動脈疾患の患者では、2種類の血栓予防薬を併用すると死亡は減りますか?


冠動脈疾患または末梢動脈疾患の患者に、リバーロキサバンとアスピリンの併用投与を行うと、アスピリンのみの投与と比べ総死亡、心血管死亡が少ないが、非心血管死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 29
感染症

重症の新型コロナウイルス感染症で、血栓症の予防薬はどれくらいの用量を使用すればよいですか?


重症の新型コロナウイルス感染症の入院患者に、中間用量のエノキサパリンを投与すると、標準用量のエノキサパリンの投与と比べ、30日以内の総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 25
その他

大腿骨頸部骨折術後に在宅運動プログラムを行うと、自宅で長く生活することができますか?


大腿骨頸部骨折術後の患者に在宅運動プログラムを実施しても、通常のケアと比べ24ヵ月以内の在宅生活日数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 22
感染症

新型コロナウイルス感染症の重症化予防にイベルメクチンは効果がありますか?


入院していない新型コロナウイルス感染症の患者に、イベルメクチンを投与すると、プラセボと比べ入院が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021NOV 20
感染症

新型コロナウイルス感染症に回復期血漿は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者に、標準治療に加えて回復期血漿を投与すると、標準治療のみと比べ総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 18
糖尿病

新しい糖尿病の薬であるエフペグレナチドで心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管疾患の既往、もしくは慢性腎臓病と少なくとも1つの心血管危険因子がある2型糖尿病患者にエフペグレナチドを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 15
感染症

新型コロナウイルス感染症に回復期血漿は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症で入院した重症患者に、回復期血漿を投与すると、非回復期血漿(対照の血漿)と比べて、28日後の臨床的状態の改善が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021NOV 08
感染症

新型コロナウイルス感染症にトシリズマブは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にトシリズマブを投与すると、標準治療またはプラセボと比べ28~30日以内の総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 06
感染症

重症の新型コロナウイルス感染症に血漿交換は効果がありますか?


生命の危機に瀕した新型コロナウイルス感染症の集中治療室入室患者に標準治療に加えて血漿交換を実施すると、標準治療のみと比べ35日後の総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 01
感染症

新型コロナウイルス感染症の入院患者の静脈血栓症の予防薬はどれくらいの用量を使用すればよいですか?


新型コロナウイルス感染症で入院した患者に、治療用量の抗凝固療法を行っても、予防用量の抗凝固療法と比べて、死亡までの期間、入院期間、酸素投与期間はほぼ同等であり、重大出血または臨床的に意味のある非重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021OCT 28
感染症

新型コロナウイルス感染症に漢方薬は効果がありますか?


重症もしくは生命の危機に瀕する新型コロナウイルス感染症の入院患者に標準治療に加えて神煌顆粒(shenhuang granule)を投与すると、標準治療のみと比べ臨床的改善が多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021OCT 25
感染症

新型コロナウイルス感染症にファビピラビル(アビガン®)は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にファビピラビルを投与すると、標準治療または他の治療薬の投与と比べ、酸素投与や集中治療室入室はほぼ同等であるが、総死亡が少ない傾向にあり、入院から7日以内の臨床的改善が多い

さらに詳しく