Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 02
糖尿病

糖尿病性神経障害にはどんな薬が有効ですか?


疼痛を伴う糖尿病性神経障害の患者にデュロキセチン、ミロガバリンまたはプレガバリンを投与するとプラセボまたはカルバマゼピンと比べ疼痛の50%以上の疼痛の改善が多く、ミロガバリンまたはプレガバリンを投与するとラモトリギンと比べ改善が多く、ノルトリプチリンを投与するとミロガバリンまたはプレガバリンと比べ改善が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JUN 21
サプリメント

ビタミンB12のサプリメントで赤ちゃんの発達は改善しますか?


わずかな成長遅延を認める乳児にビタミンB12を投与しても、プラセボと比べ神経学的発達、身長の増加、ヘモグロビン値は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAR 18
その他

摂食障害にデジタル認知行動療法は効果がありますか?


神経性食思不振症以外の摂食障害の女子大学生にデジタル認知行動療法を実施すると、カウンセリングセンターを紹介する通常のケアと比べ全般的精神病理スコアの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021MAR 08
その他

神経性食思不振症の入院患者では、高カロリーの栄養補給を行ったほうがよいですか?


神経性食思不振症で入院した患者に、高カロリーの栄養補給を行うと、低カロリーの栄養補給と比べ医学的に安定するまでの期間が短い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020JUL 30
痛み

坐骨神経痛に硬膜外ステロイド注射は効果がありますか?


坐骨神経痛の患者に硬膜外ステロイド注射を行うと、プラセボと比べ2週~3ヵ月以内の短期では下肢痛と機能障害が小さい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 27
痛み

椎間板ヘルニアによる慢性の坐骨神経痛に手術は効果がありますか?


腰椎椎間板ヘルニアによる慢性の坐骨神経痛患者に、顕微鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術を行うと、保存的治療と比べ6ヵ月後の下肢痛が小さい

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020FEB 24
痛み

腰部脊柱管狭窄症に手術は効果がありますか?


腰部神経根症の患者に手術を行うと、非手術的治療と比べ6~26週後の機能障害が小さいが、2年後の機能障害は同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JUL 15
痛み

腰痛や脚の痛みに抗けいれん薬は効果がありますか?


非特異的腰痛の患者にガバペンチンを投与しても、プラセボと比べ短期の疼痛は同等であり、腰部神経根性疼痛の患者にプレガバリンを投与しても、プラセボと比べ治療直後の疼痛は同等であるが、ガバペンチンまたはプレガバリンを投与すると、プラセボと比べ有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUN 20
痛み

神経を刺激する機械を首に当てることで、片頭痛は治りますか?


片頭痛患者が迷走神経刺激装置を用いて、頚部に非侵襲的迷走神経刺激を行うと、偽の神経刺激を行う場合と比べて、120分後の頭痛消失が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019MAR 14
糖尿病

糖尿病の末梢神経障害にビタミンEは効果がありますか?


末梢神経障害のある糖尿病患者にトコトリエノールを投与すると、プラセボと比べ12ヵ月後の末梢神経障害の症状は同等で、感染症が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUL 23
その他

更年期のホットフラッシュにはどんな治療がよいですか?


閉経期女性にエストロゲン+プロゲステロン経皮吸収薬、イソフラボン、ブラックコホシュを投与すると、プラセボに比べて血管運動神経症状の頻度が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017DEC 14
痛み

慢性の腰痛に神経痛の治療薬は効果がありますか?


慢性腰痛患者にガバペンチンを投与してもプラセボと比べ痛みは同等であり、めまい、倦怠感、思考力の低下、視覚障害が多く、プレガバリンを投与すると他の鎮痛薬と比べ痛みが強く、めまいが多い

さらに詳しく