Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 13
その他

薬物乱用がある入院患者に患者ナビゲーションサービスを提供すると、再入院は予防できますか?


物質使用障害を併発した入院患者に、患者ナビゲーションサービスを提供すると、通常の治療と比べ12ヵ月以内の再入院が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022MAY 23
痛み

慢性の痛みに医療用大麻やカンナビノイドは効果がありますか?


慢性疼痛の患者に医療用大麻またはカンナビノイドを投与すると、プラセボと比べ疼痛、身体機能、睡眠の質の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 19
認知症

早期のアルツハイマー病に新しい抗体治療薬レカネマブは効果がありますか?


早期アルツハイマー病の患者にレカネマブを投与しても、プラセボと比べ12ヵ月後の臨床症状スコアの変化はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 02
うつ病

甲状腺の働きが低下している高齢者はうつ病予防のために薬を飲んだほうがよいのでしょうか?


65歳以上の無症候性甲状腺機能低下症患者にレボチロキシンを投与しても,プラセボと比べて投与開始12ヵ月後のうつ病スコアの変化は同程度である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022APR 28
その他

自閉症の兆候がある乳幼児は早めに介入を受けたほうがよいですか?


自閉症スペクトラム障害(ASD)の兆候のある乳幼児に、早期に社会的コミュニケーション介入を行うと、通常ケアのみと比較してASD行動の重症度が低い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022APR 04
うつ病

産後うつ病にオンライン認知行動療法のワークショップは効果がありますか?


産後うつ病の女性が通常のケアに加えて1日で行うオンライン認知行動療法ワークショップに参加すると、通常のケアのみと比べ、12週後の産後うつ病症状スコアの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAR 31
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


嗅覚障害を認める新型コロナウイルス感染症の患者にモメタゾンフランカルボン酸エステルを点鼻すると、生理食塩水の点鼻と比べ嗅覚スコアの改善が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2022JAN 24
認知症

アミロイドβを標的とした抗体治療薬(ドナネマブ)は、早期の認知症に効果がありますか?


早期のアルツハイマー型認知症の患者に、ドナネマブを投与すると、プラセボと比べ認知障害や機能障害の低下が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021OCT 23
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


最近嗅覚障害を発症した新型コロナウイルス感染症の外来患者にベタメタゾン点鼻薬を点鼻しても、プラセボの点鼻と比べ嗅覚障害回復までの期間は同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021OCT 04
痛み

膝や股関節の変形性関節症に内服薬やサプリメントは効果がありますか?


変形性膝関節症または変形性股関節症の患者にグルコサミンまたはビタミンDを投与すると、プラセボと比べ疼痛の改善が大きいが、コンドロイチンを投与しても疼痛の改善は同等であり、グルコサミン、コンドロイチンまたはビタミンDを投与すると機能の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021SEP 25
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


最近嗅覚障害を発症した新型コロナウイルス感染症の外来患者にベタメタゾン点鼻薬を点鼻しても、プラセボの点鼻と比べ嗅覚障害回復までの期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021SEP 18
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


最近嗅覚障害を発症した新型コロナウイルス感染症の外来患者にベタメタゾン点鼻薬を点鼻しても、プラセボの点鼻と比べ嗅覚障害回復までの期間は同等である

さらに詳しく