Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024MAR 04
痛み

進行がん患者の痛みには、鍼治療とマッサージのどちらが効果的ですか?


自宅で生活が可能な進行がん患者に対して、鍼治療を行っても、マッサージ治療と比べて、疼痛改善に対する効果は、ほぼ同等である。

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024FEB 26
その他

慢性腎臓病の患者にSGLT-2阻害薬を投与すると、心臓病、脳卒中、心不全、腎臓病の悪化を予防できますか?


慢性腎臓病の患者にSGLT-2阻害薬を投与すると、プラセボまたは標準治療と比べて、心血管イベント、腎イベントが少ない

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024FEB 22
うつ病

うつ病に、エスシタロプラムは他の抗うつ薬よりも効果がありますか?


大うつ病性障害の患者にエスシタロプラムを投与すると、他の抗うつ薬の投与と比べて、急性期における治療に対する反応が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 19
心疾患

症状がない短時間の心房細動でも、血栓を予防する治療を始めたほうがよいですか?


無症候性心房細動の患者にアピキサバンを投与すると、アスピリンの投与と比べ、脳卒中または全身性塞栓症が少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 15
感染症

新型コロナウイルス感染症に、ビタミンやミネラルを配合したサプリメントは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の外来患者にビタミンC、ビタミンD3、ビタミンK2、亜鉛のサプリメントを投与しても、プラセボの投与と比べて、健康状態はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 12
その他

再発を繰り返している精神病でも、抗精神病薬の減量を考慮することはできるでしょうか?


再発性の統合失調症または非感情性精神病性障害の患者において、抗精神病薬を徐々に減量すると、抗精神病薬の維持と比べ24ヵ月後の社会機能は同等であるが、入院が必要な重篤な増悪が多い

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024FEB 08
感染症

新型コロナウイルス感染症の後遺症に、リハビリは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の罹患後症状を認める患者に、呼吸訓練や運動によるリハビリテーションを実施すると、通常のケアと比べ運動耐容能の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2024FEB 05
糖尿病

糖尿病と慢性腎臓病がある患者では、フィネレノンで病状の進行は予防できますか?


2型糖尿病と慢性腎臓病を有する患者にフィネレノンを投与すると、プラセボと比べ腎イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2024FEB 01
糖尿病

糖尿病と腎臓病がある患者では、フィネレノンで心臓病や脳卒中は予防できますか?


2型糖尿病と慢性腎臓病を有する患者にフィネレノンを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2024JAN 29
その他

プラセボ(偽薬)は、プラセボであることを明かして投与しても効果がありますか?


身体疾患または精神疾患を有する患者にオープンラベルプラセボを投与すると、治療なしと比べ一次アウトカムの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024JAN 25
その他

肥満患者に対するセマグルチド(GLP-1受容体作動薬)の注射で、心臓病や脳卒中は予防できますか?


45歳以上で心血管疾患の既往があり、BMI 27以上の糖尿病がない患者にセマグルチドを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024JAN 18
感染症

胃薬のテプレノンで、新型コロナウイルス感染症の悪化を予防できますか?


新型コロナウイルス感染症で入院している患者に、通常治療に加えてテプレノンを投与すると、非投与と比べて気管挿管率はむしろ多い傾向にある

さらに詳しく