Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021SEP 25
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


最近嗅覚障害を発症した新型コロナウイルス感染症の外来患者にベタメタゾン点鼻薬を点鼻しても、プラセボの点鼻と比べ嗅覚障害回復までの期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021SEP 18
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


最近嗅覚障害を発症した新型コロナウイルス感染症の外来患者にベタメタゾン点鼻薬を点鼻しても、プラセボの点鼻と比べ嗅覚障害回復までの期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 23
感染症

体調が悪化した高齢者に在宅で入院レベルのケアを提供すると、在宅生活を続けることができますか?


状態悪化による入院目的で紹介された高齢者に、在宅で高齢者総合的機能評価と入院レベルのケアを実施すると、入院した場合と比べ6ヵ月後の在宅生存は、ほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 12
痛み

肩腱板断裂では、手術をしたほうがよいですか?


肩腱板断裂の患者に手術を行うと、保存的治療と比べ、12ヵ月後の疼痛が少ないものの、12ヵ月後および24ヵ月後の肩関節機能はほぼ同等である。

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 02
糖尿病

糖尿病性神経障害にはどんな薬が有効ですか?


疼痛を伴う糖尿病性神経障害の患者にデュロキセチン、ミロガバリンまたはプレガバリンを投与するとプラセボまたはカルバマゼピンと比べ疼痛の50%以上の疼痛の改善が多く、ミロガバリンまたはプレガバリンを投与するとラモトリギンと比べ改善が多く、ノルトリプチリンを投与するとミロガバリンまたはプレガバリンと比べ改善が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JUL 26
糖尿病

心不全に対するSGLT2阻害薬の効果は腎臓の機能によって違いはありますか?


心不全患者にエンパグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ慢性腎臓病の有無に関わらず心血管死亡または心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUL 22
脳卒中

急性期の脳梗塞では、血栓を溶かす治療は行わず、血管内治療のみでもよいですか?


主幹脳動脈閉塞を認める急性期脳梗塞の患者に、機械的血栓回収療法のみを行うと、機械的血栓回収療法に加えて静注血栓溶解療法を行う場合と比べ、90日後の良好な機能予後は劣るかもしれない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUN 24
脳卒中

急性の脳梗塞にテネクテプラーゼによる血栓を溶かす治療は従来の薬よりも効果がありますか?


大血管閉塞を伴う急性脳梗塞の患者にテネクテプラーゼによる血栓溶解療法を実施すると、アルテプラーゼと比べ3ヵ月後の良好な機能的予後が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 03
その他

手術前に認知エクササイズを行うと、手術後のせん妄は予防できますか?


手術前に認知エクササイズを行うと、通常の活動と比べ、術後せん妄の発症が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021MAY 31
うつ病

うつ病が薬で良くなった後でも精神療法を受けたほうがよいですか?


急性期の薬物療法で寛解が得られた大うつ病性障害の患者に、薬物療法に引き続き精神療法を実施すると、精神療法実施なしと比べて、大うつ病性障害の再発や再燃が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2021MAY 15
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイドの点鼻薬は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症罹患後の嗅覚障害の患者に嗅覚訓練に加えてモメタゾンフランカルボン酸エステルの点鼻を行っても、嗅覚訓練のみと比べ嗅覚スコアはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAR 18
その他

摂食障害にデジタル認知行動療法は効果がありますか?


神経性食思不振症以外の摂食障害の女子大学生にデジタル認知行動療法を実施すると、カウンセリングセンターを紹介する通常のケアと比べ全般的精神病理スコアの改善が大きい

さらに詳しく