Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024MAY 16
脳卒中

血管内治療後の脳梗塞の患者では、血圧を厳格に管理したほうがよいですか?


機械的血栓回収療法後の、主幹動脈閉塞による急性期脳梗塞の患者に、収縮期血圧120mmHg未満~160mmHg未満を目標とした厳格な血圧管理を行うと、収縮期血圧185mmHg未満を目標とした従来型の血圧管理と比べて、90日後の生活機能の自立が少なく、90日後の総死亡、低血圧イベント、症候性頭蓋内出血が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024APR 11
認知症

軽度の認知機能障害のある患者に、抗血小板薬のシロスタゾールは効果がありますか?


軽度認知機能障害を有する患者にシロスタゾールを投与しても、プラセボの投与と比べて、96週後のMMSEスコアの変化は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024MAR 11
その他

不眠に対する精神療法や薬物療法は、日中の症状にも効果がありますか?


不眠の患者に行動療法を実施すると、ゾルピデムの投与と比べて、気分障害の改善が大きいが、他の日中の機能の改善はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 12
その他

再発を繰り返している精神病でも、抗精神病薬の減量を考慮することはできるでしょうか?


再発性の統合失調症または非感情性精神病性障害の患者において、抗精神病薬を徐々に減量すると、抗精神病薬の維持と比べ24ヵ月後の社会機能は同等であるが、入院が必要な重篤な増悪が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024JAN 04
認知症

早期の認知症に、運動と日常生活における機能訓練プログラムは効果がありますか?


早期認知症または軽度認知障害を有する人に、運動と日常生活における機能訓練を行うリハビリテーションプログラムを実施しても、転倒リスクの評価および通常のケアと比べて、12ヵ月後の日常生活動作の障害はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2023年発表
CMEC Article
2023NOV 20
心疾患

収縮機能が保たれた心不全を有する肥満患者に、セマグルチドの週1回投与は効果がありますか?


収縮機能が保たれた心不全(heart failure with preserved ejection fraction: HFpEF)を有する肥満患者に、セマグルチド2.4mgを週に1回皮下投与すると、プラセボの投与と比べて、52週後の体重が減り、カンザスシティ心筋症質問票-臨床サマリー(KCCQ-CSSスコア)が改善する

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023NOV 06
痛み

高齢者の慢性腰痛に、運動療法は効果がありますか?


慢性腰痛がある高齢者に運動療法を行うと、運動療法なしと比べ疼痛、機能障害の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023NOV 02
その他

高齢者のポリファーマシーに、減処方プログラムは効果がありますか?


ポリファーマシーの高齢者に、減処方(deprescribing)プログラムを実施しても、通常のケアと比べ、薬剤数や1つ以上の老年症候群(転倒、認知、尿失禁および疼痛)の合併は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023OCT 26
認知症

食事療法(MINDダイエット)で、認知機能の低下は予防できますか?


認知症の家族歴を有し、認知機能障害がない過体重の高齢者が、MINDダイエット(地中海食とDASH食を融合した食事)を実施しても、通常の食事と比べて、3年後の全般的認知機能スコアの変化は同等である

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023OCT 02
サプリメント

子どもに鉄の補充を行うと、認知面の発達は促進されますか?


6~12歳の小児に鉄の補充を行うと、プラセボまたは投与なしと比べて、全般的知能、注意力と集中力、記憶力の発達が大きいが、学校の成績は同等である

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023SEP 18
その他

施設入所中の高齢者に運動プログラムを実施すると、身体機能は改善しますか?


施設入所中の高齢者に運動プログラムを実施すると、通常のケアと比べて、身体機能の改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023AUG 21
その他

慢性の筋骨格系の痛みに抗うつ薬(デュロキセチン)は効果がありますか?


慢性筋骨格系疼痛の患者にデュロキセチンを投与すると、プラセボと比べ疼痛、生活の質、身体機能、患者による全般的な印象の改善が大きく、重篤な有害事象はほぼ同等である

さらに詳しく