Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021DEC 23
冠動脈疾患

急性冠症候群が疑われる患者では、初回と1時間後に高感度トロポニンTを測定する診療プロトコルは有用ですか?


急性冠症候群が疑われる患者に、初回と1時間後に高感度トロポニンTを測定する診療プロトコルを使用すると、初回と3時間後に高感度トロポニンTを測定する診療プロトコルと比べ12ヵ月以内の総死亡または心筋梗塞が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020APR 02
冠動脈疾患

急性冠動脈症候群が疑われる場合、高感度トロポニン測定は受診から1時間後でも大丈夫ですか?


急性冠症候群が疑われる患者に、低閾値の高感度トロポニンを受診時と1時間後に測定するプロトコルを使用すると、高閾値の高感度トロポニンを受診時と3時間後に測定する標準的プロトコルと比べて、30日以内の総死亡、および心筋梗塞はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUN 17
その他

尿路結石症は飲み薬で治療可能ですか?


尿路結石症で救急診療部を受診した患者にタムスロシンを投与しても、28日以内の結石の排出は、プラセボとほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2019JAN 24
その他

高齢者の転倒予防には、どんな方法がよいですか?


高齢者に運動、運動+視力の評価と治療、運動+視力の評価と治療+環境の評価と調整、診療所レベルの質の改善活動+多因子評価と治療+カルシウム+ビタミンDの投与を行うと、傷害を伴う転倒が少ない。また、診療所及び患者レベルの質の改善活動+多因子評価と治療を行っても、転倒関連の入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017MAY 29
喘息

小児喘息の発作には、長時間作用型ステロイドの1回投与でいいですか?


救急診療部を受診した小児喘息急性増悪患者に、長時間作用型のステロイド1回投与でも、短時間作用型のステロイド3日投与に比べて、症状の重症度はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016AUG 04
その他

敗血症のショックに、早期目標指向型治療は効果がありますか?


敗血症性ショックに早期目標指向型治療(6時間蘇生プロトコール)をしても、通常の治療と比べて、90日以内の総死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016JUL 07
その他

救急で受診した吐き気には、制吐薬の静脈内注射は効果がありますか?


嘔気や嘔吐で救急診療部を受診した成人に制吐薬を静注しても、30分後の嘔気症状はプラセボと同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016APR 11
感染症

乳幼児の細気管支炎に高張食塩水の吸入は効果がありますか?


ウイルス性細気管支炎で救急診療部を受診した乳幼児に、高張食塩水の吸入を行うと、生理食塩水の吸入に比べて、入院は少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015JUN 25
心疾患

心不全患者が退院して在宅ケアになるときには、どのようなケアを受ければよいですか?


心不全患者の退院後移行期ケアは、訪問指導や診療所での外来サポートで再入院や総死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2005年発表
2010JUN 28
サプリメント

乳幼児が下痢のときは、乳酸菌を飲ませたほうがよいのでしょうか?


乳酸菌製剤を投与した乳幼児では下痢の持続時間が短く、2日目の下痢の頻度が少ない

さらに詳しく