Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 03
その他

手術前に認知エクササイズを行うと、手術後のせん妄は予防できますか?


手術前に認知エクササイズを行うと、通常の活動と比べ、術後せん妄の発症が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 20
心疾患

生体弁による手術後の心房細動に新しい血液を固まりにくくする薬は効果がありますか?


生体僧帽弁置換術後の心房細動患者にリバーロキサバンを投与すると、ワルファリンと比べ死亡、心血管イベント、重大出血までの期間が同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 24
その他

血行再建術後の足の動脈硬化にリバーロキサバンは効果がありますか?


血行再建術後の末梢動脈疾患の患者にアスピリンに加えてリバーロキサバンを投与すると、プラセボの投与と比べ急性下肢虚血、血管性重大下肢切断、心筋梗塞、脳梗塞、心血管死亡が少ないが、重大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 27
その他

手術後のせん妄は、鎮痛薬で予防できますか?


心臓手術を受ける患者にアセトアミノフェンを静脈注射すると、プラセボと比べ術後せん妄が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 16
心疾患

心房細動では心臓の血管の病気をした後もしくは術後、どの血液を固まりにくくする薬がよいですか?


急性冠動脈症候群もしくは経皮的冠動脈形成術(PCI)を受けた後(または両方)でP2Y12阻害薬を服用している心房細動患者にアピキサバンもしくはアスピリンを投与すると、ビタミンK拮抗薬もしくはプラセボと比較してアピキサバンのほうが出血は少なく、アスピリンでは多い

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019DEC 09
その他

鎮静薬(抗精神病薬)は、入院中のせん妄に効果がありますか?


せん妄のリスクがある患者にハロペリドールを投与すると、プラセボと比べ、死亡やせん妄の発症はほぼ同等であるが、第2世代抗精神病薬を投与するとせん妄の発症は少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019OCT 03
その他

せん妄の治療や予防にはどの薬がよいですか?


せん妄患者にハロペリドールとロラゼパムの併用、もしくはハロペリドールを投与するとプラセボまたは対照群と比べ治療への反応が多く、せん妄のリスクがある患者にラメルテオン、オランザピン、リスペリドンまたはデクスメトミジンを投与するとせん妄の発症が少ないが、ミダゾラムを投与するとせん妄の発症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 16
その他

腹部の手術では、点滴を少なめにしたほうがよいですか?


腹部の大手術を受ける合併症のリスクが高い患者の術中と術後に少なめの輸液を行うと、多めの輸液と比べ1年後の障害のない生存は同等であり、急性腎障害が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018SEP 03
心疾患

心房細動がある人では、心臓のステント治療後の血栓をできにくくする薬は2種類でもよいですか?


経皮的冠動脈形成術後の心房細動患者に、ダビガトラン、クロピドグレルまたはチカグレロルを投与すると、ワーファリン、アスピリン、クロピドグレルまたはチカグレロルの投与比べて出血が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAY 07
その他

がん患者のせん妄にベンゾジアゼピン系の鎮静薬を追加すると効果はありますか?


興奮性せん妄がある進行がん患者にハロペリドールの静脈注射に加えてロラゼパムの静脈注射を行うと、プラセボの投与と比べ興奮性せん妄の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017JUL 10
その他

リスペリドン、ハロペリドールは、緩和ケア中のせん妄に効果がありますか?


緩和ケア中の末期患者のせん妄にリスペリドン、ハロペリドールを投与しても、プラセボに比べてせん妄の改善度は小さい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016AUG 29
がん

乳がん手術後の放射線治療は、リンパ節領域まで照射したほうがよいでしょうか?


乳がんの術後に全乳房照射もしくは胸壁照射に加え、リンパ領域照射を行うと、リンパ領域照射を行わない場合に比べ10年後の生存が多い傾向にある

さらに詳しく