Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 13
その他

薬物乱用がある入院患者に患者ナビゲーションサービスを提供すると、再入院は予防できますか?


物質使用障害を併発した入院患者に、患者ナビゲーションサービスを提供すると、通常の治療と比べ12ヵ月以内の再入院が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022MAY 16
その他

下部尿路症状のある男性は自己管理ができるようにトレーニングを受けたほうがよいですか?


下部尿路症状のある男性に、自己管理介入もしくは薬物療法との併用療養を行うと、尿路症状の重症度が低下する

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 09
痛み

片頭痛に卵円孔閉鎖術は効果がありますか?


予防的薬物療法に反応しない卵円孔開存を伴う片頭痛患者に、薬物療法に加えて卵円孔閉鎖デバイスによる経カテーテル卵円孔閉鎖術を行うと、薬物療法のみと比べ、平均片頭痛日数および平均片頭痛発作回数の減少が大きく、治療反応率が高い傾向にあり、片頭痛の完全消失が多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021MAY 31
うつ病

うつ病が薬で良くなった後でも精神療法を受けたほうがよいですか?


急性期の薬物療法で寛解が得られた大うつ病性障害の患者に、薬物療法に引き続き精神療法を実施すると、精神療法実施なしと比べて、大うつ病性障害の再発や再燃が少ない

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019SEP 02
脳卒中

卵円孔開存がある原因不明の脳卒中では、手術をしたほうがよいですか?


卵円孔開存がある原因不明の脳卒中患者に、抗血小板療法に加えて卵円孔閉鎖術を行うと、脳梗塞は抗血小板療法のみと比べて少なく、また、抗凝固療法のみと比べて少ない傾向にあるが、薬物療法と比べて、持続性心房細動とデバイス関連有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAR 04
心疾患

心房細動と心不全がある人にカテーテルアブレーションは効果がありますか?


心房細動と心不全がある患者にカテーテルアブレーションを行うと、薬物療法と比べ、総死亡及び心不全悪化による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018NOV 26
がん

がんの胸水に薬物の注入は効果がありますか?


胸腔ドレーン挿入後も有意な胸水が残存する悪性胸水の患者にウロキナーゼを胸腔内注入後に胸膜癒着術を実施すると、プラセボ注入後の胸膜癒着術実施と比べ呼吸困難と胸膜癒着術の失敗は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 02
痛み

麻薬依存の再発予防には、どんな薬が有効ですか?


オピオイド使用障害の患者の薬物除去治療後にナルトレキソン徐放薬を投与すると、ブプレノルフィン-ナロキソンの投与と比べて24週後のオピオイド使用の再発が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 06
認知症

動脈硬化予防の生活指導や治療で認知症は予防できますか?


高齢者に看護師による心血管リスクの評価、生活指導、薬物療法からなる介入を実施しても、通常のケアと比較して認知症の発症は同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2017FEB 16
脳卒中

脳梗塞に血管内治療は効果がありますか?


急性期脳梗塞患者に機械的血栓除去による血管内治療を実施すると、tPAによる標準的薬物療法と比較して障害の改善する人が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017FEB 13
心疾患

虚血性心筋症では、バイパス手術を受けたほうがよいのでしょうか?


虚血性心筋症にバイパス手術を施行すると、薬物療法のみに比べて総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2016JUN 20
痛み

首の痛みに整体は効果がありますか?


急性または亜急性の頸部痛患者に整体を行うと、薬物療法と比較して頸部痛の改善が大きいが、運動療法とは同等である

さらに詳しく